Nêge ParisのAnne-Sophie LangeとAliénor Schillioの夢のパジャマ

Aliénor SchillioとAnne-Sophie Langeは学生時代に出会い、その後、大企業で働くようになった。大企業の手続きにはすぐに嫌気がさし、自由でありたい、創造したい、と思うようになったのです。パジャマと可愛いプリントという2つのこだわりを持つ彼らは、それぞれの価値観と個性を生かしたプロジェクトをスタートさせました。こうして生まれたのが、彼らのエコ・パジャマ・ブランド「Nêge Paris(ネージュ・パリ)」です。

[ja] ネージュ・パリの夢のパジャマ

rfi 100%クリエーション。

Maria Afonso Alienor GilliotとAnne-Sophie Langeは、10年以上の友人です。二人は留学中に出会った。その後、彼らは大企業に就職した。大企業の手続きに嫌気がさした彼らは、すぐに自由になり、創造することを望みました。パジャマとプリントという、 異なる価値観と個性を持つ2人の情熱が一致し、このプロジェクトがスタートしました。こうして、彼らのパジャマブランドであり、共同デザイナーでもあるネージュ・パリが誕生したのです。

私たちはただ、彼が何をしていても、とてもまゆつばな姿を見せたかっただけなのです。つまり、雪という発想が夢のアナロジーなんですね。circumflex accentと書いてあるのがありますね。ただ、布団に寄り添いたくないだけなんですね。そして、私たちがとても好きな、本当にドリーミーな面も。

パジャマブランド「Neiges Paris」の共同クリエイター、Anne-Sophie Lange氏。ビデオ会議プラットフォーム「Zoom」の調査によると、テレワーカーの2人に1人はすでにパジャマ姿でビデオ会議をしたことがあるそうです。多くの人がカジュアルウェアに費やす1年2020年を経て立ち上げた「ネージュ・パリ」は、昼だけでなく夜も持ち込むパジャマに完全に特化したブランドです。屋内でも屋外でも。ブランドは、共創のプロセスに取り組んでいます。これは、パジャマのカットやカラー、プリントなど細部に至るまで、ブランドのコミュニティーに投票する機会を与えるという、独自のプロセスです。詳細はネージュ・パリの共同設立者であるLioのAliénorから。

私たちはよく、ズボンの丈や袖の長さなどの例を挙げて、本当に小さな技術的な側面があること、そして、必ずしもお客様の希望を考慮しないオフィスで0から1人で作られたものではないことを示しました。でも、本当に願いはあるんです。そして、これから履くズボンの長さの話になると、必ずしも考えていなかったのに、つい見てしまう。でも、たしかに、何かのきっかけにはなりますよね。そう、おそらくまだ小さなブランドだと言われています。必ずしも有名なブランドではありませんが、パジャマの膨大なカタログを持つ大手のブランドでは必ずしも考慮されない、社内だけで行われるクリエーションであるため、必ずしも考慮された希望があるわけではない、そんな女性たちの希望を考慮し、すでにパジャマのある専門性を確立しているのです。すでに、クライアントに多くを語りかけている。七分袖のカッティングや、丈の長さが少ない、合理的な面もあると思います。

そうそう、おいしいのは本当なんですよ。そして、恋のきっかけとなり、悲鳴を上げるきっかけとなるプリントがあるのです。3つのプリントは全く違うもので、3Dが好きな方もいらっしゃいます。なかなか面白くて、結果的にプリントにときめかないのは、確かにそうですね。合理性があり、デザインもよく、使い心地もよく、日常的に使えそうで、その上、最初の1台にはときめきを感じています。だから、買ったんです。

共創の仕事へ。使用する素材、ポルトガルの認定パートナー工房、納品、そして価格に至るまで、透明性のあるアプローチを追加しています。Anne-Sophie Lange On.

まず、その時間である素材、上にあるもの。今はあまり知られていないものなので、基本的にはユーカリですね。そして、この木材の側面は、私たちが話をする相手にとって、とても興味深いものです。別名は単にベジタブルシルク。だから、シルクでもあり、木から生まれるものでもあるのです。エコロジーである。木材パルプを少女にする製造工程のため、ビスコースなどの他の素材とは異なり、自然で無害であり、常にリサイクルされている溶剤を使用しているため、自然への排出がありません。2つ目は、通気性が良いということです。寝汗をかかないし、体温調節ができるから、暑すぎず寒すぎず。まさに理想的なエコロジー素材ですね。その特性から、私たちの生地はコーデックス認証を取得しています。環境や健康に有害な物質が使用されていないことを保証する認証です。

認定されたパートナーワークショップと連携しています。ポルトガルでは、素材や工房などだけでなく、メンテナンス、修理、リサイクルなどのアドバイスまで行いました。私たちは、お客様が選んだ団体に売上の一部を還元し、毎月の売上の一部をこれらの団体に寄付することを約束しています。

Neige Parisの世界をRFI, Point fr Chroniques 100 % créationとポッドキャストでお楽しみください。

雪というイメージと、夢という言葉との類似性、Nêgeのcircumflexアクセント、布団の中で寄り添いたいという思い、そして私たちがとても高く評価しているこの夢のような側面から、とても短い名前にしたかったのです。

パジャマブランド「Nêge Paris」の共同クリエイター、Anne-Sophie Lange氏。

ビデオ会議プラットフォーム「Zoom」の調査によると、テレワーカーの2人に1人はすでにパジャマでビデオ会議をしたことがあるそうです。

サマーコレクション – Nêge Paris © Nêge Paris

2020年、多くの人がカジュアルウェアで過ごした後に立ち上げたNêge Parisブランドは、夜も昼も、屋内外を問わず着られるパジャマに特化したブランドです。ブランドは、共創のプロセスに取り組んでいます。これは、パジャマのカット、色、プリントなど、細部に至るまで、ブランドのコミュニティーに投票する機会を提供する独自のプロセスです。

革新的な共創プロセス

「私たちはよく、ズボンの丈や七分袖の例を挙げて、このパジャマが技術的な側面を持ち、オフィスで一人の人間が、必ずしも顧客の要望を考慮してゼロから作ったのではないことを示します」と、アリエノール・シリオ氏は説明します。

“小さなブランドで、必ずしも知名度が高いとはいえないが、すでにパジャマのノウハウを培っている。それは、パジャマのカタログを多く持つ有力ブランドが思いつかない、すべての女性の希望を取り入れたからである。そして、プリントへの愛着もあります」と付け加える。

Nêge Paris – Pyjama Divine Idylle – ボタンディテール © Nêge Paris

植物性シルクを使用した責任あるパジャマ

共創作業に加え、使用する素材、ポルトガルの認定パートナー工房、納品、そして価格まで、透明性のある取り組みが行われています。Anne-Sophie Langeにとっては、「あまり知られていないリヨセルかテンセルか」で選ぶことになる。ユーカリでできているので、木の面影にとても興味を持たれています。シルクのように柔らかく、木から取れるので、植物性シルクという別名があるほど面白い素材です」と説明します。

「その製造工程は、環境に配慮しています。木材パルプを繊維に変えるために、天然の溶剤が使われます。この溶剤は無害で、常にリサイクルされ、自然界に排出されることはありません。通気性が良いので寝汗をかかないし、体温調節機能があるので暑すぎず寒すぎず、快適です」と続けます。さらに、「エコロジーな素材であることに加え、夜間の使用にも最適です。当社の生地は、環境や健康に有害な物質が含まれていないことを保証する「OECKO-TEX(エコテックス)」認証を取得しています。メンテナンス、修理、リサイクルなどのご相談をお受けしています。私たちは、売上金の一部を、地域の人たちに選んでもらった団体に寄付しています。

[fr]100CREATION Nege_Paris

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/100-création/20220522-le-pyjama-rêvé-d-anne-sophie-lange-et-aliénor-schillio-pour-nêge-paris

Default image
Antenne France
Articles: 652