エリザベス2世とファッション:スタイルの女王

エリザベス二世は、ファッションの犠牲者になるどころか、時代とともにほとんど変化することなく、常に注目を集めるワードローブを持っていました。彼女の服装にはしばしばメッセージが込められており、また、彼女なりに流儀をわきまえた君主というイメージも醸成されていました。

英国がBrexitをめぐって自らを引き裂いたとき、英国のマスコミが待っていたのは、女王の意見だった。しかし、君主の役割は、国家元首、軍隊の長、英国国教会の長であっても、政治に介入することを許さなかった。

しかし、2017年に国会で行われたEU離脱に関する演説の際、エリザベス2世が黄色と青のスカートの上に青のコートを着て登場し、それに合わせた帽子をかぶったとき、そこに真のヨーロッパの旗を体現しているという暗黙のメッセージを感じないわけにはいかなかったのです。これは、国会議員のグレーのスーツや貴族たちの赤いローブとは対照的であった。

2020年、エリザベス2世は、コヴィド19のパンデミックについてイギリス国民に語りかける際、グリーンのドレスを着用した。臣民への希望の証として。2011年、共和国成立後初めてアイルランドを訪れた女王は、やはり緑色の服を着てダブリンに到着したが、この時の色は、特にエメラルドアイルのカトリック民族解放運動にちなんだものであった。まさにシンボル。

ほとんど変わらない表情

エリザベス二世は在位中、自分のイメージで勝負していた。1970年代までは、あえてドレススタイルを変えていたが、そのうち、特に公式の場では、ほとんど変わらないスタイルになった。ここ数年、比較的控えめなカットのスカートスーツやドレスが主流になっています。ただ、軽率な突風が吹いても大丈夫なように、彼女のスカートには常に目に見えない小さな重りがついていた。

その一方で、彼女のルックスは非常にカラフルなものが多かった。それが彼女のトレードマークとさえ言える。カナリアイエロー、ブライトグリーン、エレクトリックブルー、ビビッドピンク、コーラル……女王は何事も恐れず、その理由は、地味ながらも非常に派手な衣装で、遠くからでも一目瞭然だったから。人ごみの中で、彼女が誰だかすぐにわかるので、被写体にもカメラマンにも、そして特に彼女の警備員にも好都合だった。

メールマガジン購読

1968年以来、同じバッグ

衣装だけでなく、英国女王はアクセサリーにもこだわりがあった。ほとんどの服にブローチをつけ、その中には史上最大のダイヤモンド原石からカットされた最高級品、カリナンが含まれています。その上、時には贅沢な帽子をかぶり、もちろん特別な日には王冠をかぶった。

もうひとつの特徴は、女王が1968年からずっと同じバッグを身につけていることです。英国王室御用達の革製品サプライヤーとなったロンドンのブランド「ラウナー」がデザインしたモデル。エリザベス2世は、自分の体格に合わせた特注品で、あらゆる色のものを200個持っていたと言われています。そして、1995年にダイアナ妃がパリを訪れた際にディオールが特別に作ったバッグは、お金に余裕があれば誰でも買うことができますが、女王のバッグは君主だけが身につけることができます。

側近によれば、この小さな袋はミントを入れるだけでなく、女王を「不都合な人物」から守る役割も果たしていたという。こういう細かいことが好きなイギリスのマスコミは、レセプションで女王がバッグを左腕から右腕に渡すと、スタッフが話し相手が迷惑していると理解し、会話を中断する方法を見つけるという話を好んでする。

ほとんど変わらない表情

エリザベス二世は在位中、自分のイメージで勝負していた。1970年代までは、あえてドレススタイルを変えていたが、そのうち、特に公式の場では、ほとんど変わらないスタイルになった。ここ数年、比較的控えめなカットのスカートスーツやドレスが主流になっています。ただ、軽率な突風が吹いても大丈夫なように、彼女のスカートには常に目に見えない小さな重りがついていた。

その一方で、彼女のルックスは非常にカラフルなものが多かった。それが彼女のトレードマークとさえ言える。カナリアイエロー、ブライトグリーン、エレクトリックブルー、ビビッドピンク、コーラル……女王は何事も恐れず、その理由は、地味ながらも非常に派手な衣装で、遠くからでも一目瞭然だったから。人ごみの中で、彼女が誰だかすぐにわかるので、被写体にもカメラマンにも、そして特に彼女の警備員にも好都合だった。

1968年以来、同じバッグ

衣装だけでなく、英国女王はアクセサリーにもこだわりがあった。ほとんどの服にブローチをつけ、その中には史上最大のダイヤモンド原石からカットされた最高級品、カリナンが含まれています。その上、時には贅沢な帽子をかぶり、もちろん特別な日には王冠をかぶった。

もうひとつの特徴は、女王が1968年からずっと同じバッグを身につけていることです。英国王室御用達の革製品サプライヤーとなったロンドンのブランド「ラウナー」がデザインしたモデル。エリザベス2世は、自分の体格に合わせた特注品で、あらゆる色のものを200個持っていたと言われています。そして、1995年にダイアナ妃がパリを訪れた際にディオールが特別に作ったバッグは、お金に余裕があれば誰でも買うことができますが、女王のバッグは君主だけが身につけることができます。

側近によれば、この小さな袋はミントを入れるだけでなく、女王を「不都合な人物」から守る役割も果たしていたという。こういう細かいことが好きなイギリスのマスコミは、レセプションで女王がバッグを左腕から右腕に渡すと、スタッフが話し相手が迷惑していると理解し、会話を中断する方法を見つけるという話を好んでする。

 

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220909-elizabeth-ii-et-la-mode-une-reine-du-style

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks