日本は軍事支出を2倍にしたいと考えています

日本の岸田文雄首相は、日本の防衛力を強化したいと思っている。そして、彼は初めて、2027年までに5年間でGDPの1%から2%に軍事支出を増やすための防衛予算を準備するよう政府に求めた。すべてのG7諸国の中で最も債務の多い日本経済の脆弱性を考えると、彼がこの予算にどのように資金を提供するつもりかはまだわかりません。

東京の特派員、フレデリック・シャルルと

日本の軍事支出は10年間増加していますが、これまでのところ、GDPの1%で保持されています。2023-24会計年度は、390億ユーロに相当する新しい記録を表す必要があります。

より現実的な日本

日本は何年もの間、安全保障のためにGDPの2%の目標に疑問を呈してきた。軍事支出の増加は、平和主義憲法と日本軍の防衛的職業に反する。ロシアのウクライナ侵攻により、岸田文夫首相は5年間で国防予算の倍増を正当化できる。

ロシアのウクライナ侵攻以来、日本人の大多数はそのような増加を支持している。彼らはより現実的になり、国、中国、北朝鮮、ロシアに代表する脅威を知覚する。彼らはウクライナの侵略戦争が中国に台湾に侵攻するのではないかと恐れている。彼らは、北朝鮮のミサイル発射場を破壊することができる武器で「反撃」能力の取得のためのものです。

巨額の借金

日本が防衛予算を2倍にする手段を持っているかどうかはまだわからない。その国の債務は巨大で、経済の2.5倍以上の大きさです。人口の高齢化とパンデミックに関連するコストは相当なものです。そして、最近の円の弱さは役に立ちません。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20221129-le-japon-veut-doubler-ses-d%C3%A9penses-militaires

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks