日本:スキャンダルによる予防接種の中止

日本では、ワクチン接種が急に中止されています。日本人の3人に1人はまだ接種していないと言われていますが、接種する人が減ってきているため、次々と予防接種センターが閉鎖されています。その理由は、ワクチンに対する国民の信頼を損ねるようなスキャンダルが響いているからです。日本では「不浄のワクチン」事件と呼ばれています。日本のメディアでも「汚染された小瓶」スキャンダルと呼ばれています。東京では、ブルーノ・デュバルがレポートしています。