日本の自動車メーカー、ホンダが電気自動車に

ホンダは100%電気自動車を目指す。日本のナンバー2自動車メーカーは4月12日(火)、2030年までに全車種にわたって約30種類の電気自動車を生産する意向であると発表しました。10年後には、内燃機関自動車を一切生産しなくなる。そして、リソースを投入しているのです。

ホンダは10年間で5兆円以上、370億ユーロを投資し、全車種30台の電動化とソフトウエアの充実を図り、8年以内に年間200万台以上の生産を目指すとしています。

このように、日本のメーカーは競合のトヨタや日産に追随し、彼らと同様に、現在のものよりも耐性と効率の高い新世代の電池を製造する予定です。2024年春に発売する予定です。

シナジーの創出

いくつかの部門に分かれていたグループは、シナジーを生み出し、「オール電化」への移行を加速させるため、1つの部門を中心に活動を再集中させている最中です。

また、日本企業は中国と北米に2つの生産工場を建設する予定です。米大手のゼネラルモーターズと協力し、4年以内に「手の届く」価格で電気自動車を製造する予定です。最後に、ホンダは同じく電気自動車に関心のあるソニーと提携しました。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220412-automobile-le-constructeur-japonais-honda-prend-le-virage-de-l-électrique

 

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks