中国:2050年までに、その国は2億人以上の活動者を失うだろう

中国は2025年に人口が減少すると予想されているが、政府は出生率を最低に引き上げ、法外な生活費と教育によってやけどした中国人を産むよう奨励するための新しい措置を開始した。国立人口統計研究所の中国学者イザベル・アタネへのインタビュー。

RFI:中国の州は年末までに保育施設の開発を命じられている。祖父母がしばしば関与する国では、このインフラの欠如は、中国の両親が出産したいという願望のブレーキになる可能性がありますか?

イザベル・アタネ:もちろん、これはブレーキになる可能性があります。なぜなら、手頃な料金で保育インフラが利用できないときに子供の世話をするために家にいることが多い母親の雇用機会を妨げる可能性があるためです。中国で使われている解決策は祖父母の使用です。しかし今日、内部移住の発展に伴い、子供たちはもはや両親の近くに住んでおらず、これは祖父母が子供の世話をする可能性を複雑にします。

中国政府が提唱した他の措置は、体外受精などの医学支援生殖方法の使用を民主化することです。

体外受精は、子供を持つことに問題があるカップルを対象としているので、生理学的に子供を持つことができない女性がとにかく子供を持つことを可能にすることができます。中国では、カップルの不妊率は他の国で観察された出生率よりも高いが、いずれにせよ、これらの方法へのアクセスを開発することは、非常にわずかな方法で生殖能力を高めることができる。中国政府はほぼ半世紀にわたって非常に厳格な避妊政策を実践してきたため、今日では、卵管結紮、滅菌を受けた中国人女性の割合がかなり高いため、肥沃でなくなった女性が子供を持つことを可能にする方法になる可能性があります。

中国政府はまた、「医学的に必要のない中絶を減らし、「望ましくない妊娠を防ぐ」と発表した。北京が中絶に取り組みたいと思ったのはこれが初めてではない。

昨年まで、中国は中絶慣行に制限のない世界でほぼ唯一の国だったことにまだ注意すべきである。非常に遅い中絶は、妊娠の数週間または数ヶ月後に行うことさえあります。中絶に関する規制は全くなかったので、規制があることは良いことです、それは望ましいです。しかし、私が恐れているのは、子供を欲しがらないカップルにとって中絶へのアクセスが非常に急激に減少するということです。これはかなり心配になる可能性があります。中国政府は、現在存在するものとは正反対であり、医学的に必要とされる法律以外の中絶を禁止する法律に移行することができる。そして、これは確かに懸念の源です。

メールマガジン購読

公式データによると、2021年、中国は少なくとも1978年以来最低水準の1,062万人の出生を記録した。中国の人口は早ければ2025年に減少すると予想されていますが、この高齢化の課題は何ですか?

中国にとっての賭け金は、高齢化している世界の他のすべての国と同じです。中国の特異性は、出生率の低下が非常に急速であるため、老齢は非常に速くなるということです。主な課題の1つは、労働年齢人口を減らすことです。2050年までに、2億人以上の活動的な人々を失うだろう。課題は、減少する労働人口によって非常に急激に増加する高齢者の世話をすることに成功することです。課題はますます多くの高齢者に年金を支払うことであり、労働力はますます少なくなるため、この移行は繊細になります。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220818-chine-à-l-horizon-2050-le-pays-va-perdre-plus-de-200-millions-de-personnes-actives

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 823
Enable Notifications OK No thanks