中国の作戦は台湾を包囲する

台湾周辺の中国軍演習マップ
台湾周辺の中国軍演習マップ © FMM Graphic Studio

台湾の蔡英文総統は水曜日、ナンシー・ペロシの訪問に対する報復として台湾の海岸に危険なほど接近した軍事演習を準備している中国の脅威に直面しても、台湾は「一歩も引かない」と述べた。

中国国防省は「的を射た軍事行動」を約束し、台湾と中国本土を隔てる台湾海峡での「長距離実弾射撃」を含む一連の軍事演習を木曜日から開始するとしている。

外務省の華春瑩報道官は記者団に対し、「演習は、米国の一部の政治家と台湾独立運動家の深刻な挑発行為に報復するための必要かつ正当な措置である」と述べた。

“悪質な威嚇”

中国軍が発表した座標によると、一部の軍事作戦は台湾の沖合20キロで行われることになっている。「中国の作戦の一部は台湾の領海を侵犯している」と台湾国防省のスポークスマン孫立方氏は述べた。”これは国際秩序に逆らう非合理的な行為だ “と。

台湾政府の対北京政策を決定する機関である大陸委員会は、中国政権が「悪質な脅迫」を行い、「東アジア全体の平和と繁栄に深刻な影響を与える」と非難した。日本は、中国の演習が排他的経済水域(EEZ)を侵すものがあると主張し、「懸念している」と述べた。

米国「戦略的あいまいさ」

台湾当局は、21機の中国軍機が台湾の防空識別圏(台湾の領空よりはるかに広い範囲)に侵入したと、火曜日の夜に報告した。台湾の国防省は、軍隊は「国家の安全を守る」と述べた。米軍関係者によると、空母ロナルド・レーガンを含む複数の米軍艦船も同地域にいるという。

武力衝突の可能性は低いというのが大方の見方だ。しかし、米国当局は、中国軍の武力行使に備えるとしている。米国高官は定期的に島を訪問しているが、中国は米国第3位の高官であるペロシ女史の訪問を重大な挑発行為とみなしている。先週、中国の習近平国家主席は、相手国であるジョー・バイデンとの電話会談で、すでに米国に「火遊びをしないように」と呼びかけていた。

1979年以降、米国は中国政府を北京に限定して承認しているが、台湾当局に対しては、特に大規模な武器売却などを通じて支援を続けている。また、米国は「戦略的曖昧さ」を実践しており、台湾が侵略された場合、軍事的に守るかどうか明言しない。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220803-les-manœuvres-chinoises-encerclent-taïwan

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks