中国のハイテク企業:企業はアルゴリズムの共有を余儀なくされる

テンセント、アリババ、バイトダンスなど中国のデジタル大手が、当局にアルゴリズムの詳細を伝えたことが新たな打撃となった。これは、この分野のプレーヤーがますます緊迫している状況において、前例のない動きです。

共産党政権がハイテク大手に対抗するために課した新趣向だ。規制当局は、数億人の中国人が日常的に使用している複数のアプリケーションのアルゴリズムに関する情報を公表しています。

これらのツールは、ユーザーの習慣や嗜好をもとに、自動的におすすめをするものです。例えば、ネット通販大手のアリババは、ユーザーの閲覧履歴をもとに新商品を提案しています。

中国のTikTokに相当するDouyinは、ユーザーがアプリケーション上で過去に視聴した動画に基づいて、ユーザーに動画を推薦します。

レギュレーションアルゴリズム

3月に法律が制定されて以来、ユーザーの膨大な個人情報を保有するアリババ、テンセント、バイトダンスは、新しいインターネットユーザーを引き付け、アプリケーションに滞在させるための秘密のレシピであるアルゴリズムの詳細を中国当局に提供しました。

これらの慣行に関するデジタル大手の不透明さを懸念して、当局はアルゴリズムのより良い枠組みを提供することを求めています。この決定は、中国社会で影響力を増しているこれらの団体の活動をより厳しく管理することを目的とした、何度目かの措置となります。

このようなデジタル分野への不信感の表れとして、ここ数ヶ月、特に個人情報、競争、ユーザーの権利に関して、いくつかの巨大企業がつまはじきにされているのです。

メールマガジン購読

報復措置

近年、これらのハイテク企業は、これまで北京の中央当局が独占していた分野も含め、様々な分野に進出している。中国で普及しているモバイル決済のリーダーであるアリババとテンセントは、中国の公的機関が保有する銀行部門への参入を顕著に打ち出しています。一方、共産党政権はこの技術ブームを疑心暗鬼で見ており、報復措置を重ねている。

2018年、中国の規制当局はアリババの金融子会社であるアントグループのIPOを土壇場で中断させた。この記録的なIPOが阻止される数週間前、グループのCEOであるジャック・マーは、あえて金融規制当局の厳しさを批判した。これは、習近平の中国における “lèse-majesté “の犯罪であり、電子商取引のチャンピオンが競争を阻害したとして、23億ユーロという記録的な罰金を科せられたこともある。その結果、この奇特な億万長者は、何カ月も沈黙を守っていた。

共栄

同時に、毛沢東時代から受け継いだ富の再分配の理想である「共栄」の概念を再び打ち出しました。大金持ちはこの理想に参加するよう促され、政権のプロパガンダのいたるところに登場する。デジタル大手が「共通の繁栄を実現する」ために、いち早く寄付を掛け合ったのだ。ジャック・マーまで出てきて、「共同繁栄」はこの国の企業家の「責任と義務」であると主張した。

TikTokを運営するByteDanceの創業CEOであるZhang Yiming氏のように、多くの中国のハイテク企業のリーダーが、自分たちが不利になることを自覚し、辞職した。中国第9位の富豪は、好きな趣味を追求し、「何が可能かを夢見たい」と辞意を表明した。デジタル分野と中国当局の報復から遠く離れている。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220816-tech-chinoise-les-entreprises-forcées-de-partager-leurs-algorithmes

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks