コビッド-19の日本における回収の遅れ:東京の人々を動揺させる。

オミクロンの変種は、日本を含め、日に日に広がっています。しかし、日本ではまだ3回目の接種キャンペーンは始まっていない。それゆえ、国民の不安と不満は募るばかりです。

東京の特派員、ブルーノ・デュバルと。

Covid-19対策では、日本での意思決定の遅さや供給の問題から、ブースター接種のキャンペーンが一般向けに開始されるのは3月以降になると思われます。一部の都民が迷惑し、怯えている状況。

“オミクロン “が恐ろしい勢いで世界中に広がっているのに、日本は相変わらず予防接種に手をこまねいている。本当に心もとない」と、ある女性は言う。”ペースを上げなければならない、もう無理だ。人々は恐れています。いずれにせよ、この新しいバリエーションはとても心配だ」とも言っている。

“政府の遅さで年越しが台無しになる”。祖父母の健康を考えて、一緒に過ごすことをあきらめざるを得ませんでした。3回目の投与が待ち遠しい、また会えるから」とある男性は言った。

“ファイザー “の代わりに “モデナ “を注射する、あるいはその逆のミスを犯してしまうのです。

そして、この通行人たちは、いざこのキャンペーンが始まると、うまくいくかどうかさえわからないのだ。”予約システム “がまたクラッシュする そして、間違えてファイザーではなくモデナに接種してしまったり、その逆もあります。要するに、前回と同じように混乱するのだ」と東京の人は苦言を呈した。

“2回目 “から8カ月後に “3回目 “を受けることになります。海外では5カ月、6カ月と…。理解しようとしないほうがいい」と笑う人もいる。

疫学者たちは笑ってはいられない。彼らは、高齢者ほど抗体レベルや免疫防御力が急速に低下することを指摘しています。しかし、日本人の29%は65歳以上です。