人口統計学:なぜ日本人には子供がいないのか、もう子供がいないのか?

日本では、政府は出生率に対する一般的な動員を命じたばかりです。2022年に生まれた赤ちゃんは80万人未満です。とても少ないので、見たことがありません。岸田文雄首相にとって、群島がこの地域の水準を上げなければ、長期的には「社会として活動し続けることができない」、86,500人の100人の国で社会保障が破産するだろう。

日本の国内総生産の2%だけが、家族に有利な政策や措置に委譲されています。他の主要先進国の3%以上に対して。この2人の若い母親はこれを証言しています:私たちは子供たちを世界に連れてきて育てる手段を持たなければなりません…

「妊娠して出産する費用は60万円[4,000ユーロ以上]で、セクは妊娠は病気ではないと考えており、何も返済しないので、これは完全に私の責任でした。私は2回目にそのような費用を払う余裕はありません」と最初の人は言う。そして2つ目は、「私は小さな男の子のために月額1万円の家族手当しか受け取らない[約70ユーロ、編集者注]と付け加えた。幸いなことに、私は特に2人目の子供を望んでいません:私は私の小さな給料、生活

仕事の世界がプライバシーを引き継ぐとき

日本の仕事の世界は不安定になっています。従業員の40%は、不安定な、定足不足、または不規則な仕事しか持っていません。これに加えて、古風でしばしば非人間的な企業文化があります。多くの人々が子供を持つことを思いとどまらせるのに十分…

「私のボーイフレンドと私は一時的であり、日ごとに支払われます。したがって、法定従業員とは異なり、有給の出産休暇や育児休暇を受ける権利はありません。だから、私たちは赤ちゃんを産む前によく考えます…」と日本人女性は主張します。「子供がいることは、私が数ヶ月間仕事を休むと仮定するだろう。それはおそらく私のキャリアにとって致命的でしょう。男性が支配するこの専門的な環境で、女性が自分の居場所を作ることは非常に困難です…」と、別の従業員は思い出します。

「私の雇用主であるアメリカの会社である雇用主が午後6時以降にテレワークを許可し、妻を助けることができるので、結婚して子供を持つことができましたが、この特権を持っている日本人の従業員はほとんどいません」と、家族を設立した従業員は警告します。「それでは、充実したカップルの生活を送り、午後11時に仕事から帰ったら、家族を始めるのは簡単ではないはずです。」

独身を好む人

そして、これらの東京人のように、ますます多くの若者が独身の権利を主張しています。「とてもひどい国で、とても苦しんでいる惑星で子供を産むことに非常に責任があるかどうかはわかりません…」と日本人女性は考えています。

「私はすでに、同時に、ほとんどお金と少しの余暇を持っています。既婚者で父親でも、私はさらに少ないだろう。結構です、まさか…」と別の日本人が言う。「結婚して家族を設立することは、独身であることよりも私にとってさらにストレスが多いように見えるので、それは私に夢を見たことはありませんでした…」と東京派は説明します。

結婚も子供もなし:世論調査機関と17歳から19歳の日本人の20%近くによると、これは日本の30歳の4人に1人の願いです。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/reportage-international/20230128-d%C3%A9mographie-pourquoi-les-japonais-ne-font-ils-pas-%E2%80%93-ou-pas-plus-%E2%80%93-d-enfants

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks