ドナルド・トランプ氏、捜査に協力するまで1日1万ドルの罰金を科す

米国では、ドナルド・トランプ氏の法的トラブルの別のエピソードであり、前大統領の敗北でもある。司法長官からの要請に応じなかったため、法廷侮辱罪に問われている。

ニューヨーク特派員のLoubna Anakiと。

協力に応じるまで1日1万ドルというのは、マンハッタンの最高裁判事がドナルド・トランプに課した罰金である。

裁判官は、レティシア・ジェームズが要求した文書の引き渡しを拒否したことで、前大統領が法廷侮辱罪を犯していると考えています。

ドナルド・トランプ氏の身辺調査を続けているニューヨーク州司法長官は、共和党の億万長者が3月31日を期限とする文書提出命令に応じなかったことを判事に告げました。

600万ページ以上のドキュメント

裁判官は検察官の要求に応じることで、弁護士が再び魔女狩りを非難している前大統領に新たな敗北を与えた。

ドナルド・トランプは2年以上にわたって、彼の税金詐欺を疑うレーティシア・ジェームズの調査を阻止しようとしてきた。彼の組織は、すでに600万ページ以上の財務書類と納税申告書を提出しなければならない。しかし、捜査当局は、ドナルド・トランプ氏の会社が融資や税控除を受けるために、特定の資産を過小評価していたことを証明する個人記録を求めている。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/amériques/20220426-donald-trump-soumis-à-une-amende-de-10000-dollars-par-jour-tant-qu-il-ne-coopère-pas-à-une-enquête

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks