日本は、世界第3位の経済大国である日本の経済を支援するために、過去最高額となる4300億ユーロ相当の負債で賄う新たな計画を発表しました。この計画では、主にパンデミックの影響を相殺するために、家計や中小企業に直接支援を行います。東京のアナリストたちは、成長戦略に投入される資金が少ないことから、この計画が経済を持続的に支えることができるかどうか懐疑的です。

東京特派員のフレデリック・シャルルと

景気対策の中心となるのは、18歳以下の日本人全員に10万円(770ユーロ)の個人ボーナスを支給することです。ただし、世帯収入が年間約8万ユーロを超える人は例外です。

このような消費拡大策は、日本人の大多数から批判されている。与党である保守党は、来年の新しい選挙を前に、有権者を混乱させたいと考えているようです。

2020年には、家族に最初の小切手を支払っても、消費には影響がありませんでした。日本人は、政府のジェスチャーを貯金通帳に入れることを好んだ。

岸田文雄新首相は、給料の安い保育士や介護士の給料を上げようとしています。また、観光補助金を復活させることで、日本人の列島への旅行を促進したいと考えています。

なぜ今、景気刺激策なのか、東京のアナリストに聞いてみた。現在、流行は抑えられており、人口の76%が完全にワクチンを接種しています。今後数ヶ月のうちに成長に転じるはずです。今年の公的債務はGDPの260%に達しているのに、なぜさらに借金をするのか。


報告:多くの批判を受けている計画について

ブルーノ・デュバル東京特派員とともに

18歳以下の若者1人につき10万円を支給するという、復興計画の旗印となる施策は、誰もが納得するものではありません。

“10万円、それは朗報ですね。危機が始まってから、私は生活費を稼ぐのに苦労しました。その後、恵まれない親である私たちが国に求めているのは、一時的な援助ではなく、長期的な支援なのです」と東京在住の方が打ち明けてくれました。

「私は19歳なので、両親はこの援助の恩恵を受けられません。これはとても不公平だと思います」と若い女性が説明してくれました。ある男性は、「富裕層の親も10万円を受け取るが、子どもがいなくて困っている日本人は何も受け取れない。このような政策の社会的論理は、私には少し理解できません。

そして、日本人が求めている「The」は、「誰が払うのか?この計画は財源がないので、納税者はピンチに陥るだろう」と通行人は予想した。貧しい子供たちを助けるために私の税金を上げるのなら、それはそれでいい。しかし、余裕のある家庭にはお金を払う、というのはあまり好きではありません。

「日本はもうお金を刷って捨てることはできない。この政府は、次の世代にさらに深い借金を背負わせようとしている。だから、私には無責任に思えるのです」と、この日本人男性は結論づけている。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211118-japon-le-nouveau-premier-ministre-dévoile-son-plan-de-relance-de-l-économie