教皇フランシスコは12日、フランス教会の性的虐待に関するソーヴェ委員会が明らかにした「驚くべき現実」に「計り知れない悲しみ」を表明したが、イタリアではいまだに沈黙が続いている。Reuters - バチカン・メディア

イタリアでは、教会での性的虐待に対する戦いはまだ先の話です

被害者の声に耳を傾ける体制は整ってきましたが、イタリアでは性犯罪の問題はまだまだタブー視されており、文化革命の意識を高めることは非常に困難です。教会における虐待に関する独立委員会(Ciase)のような作業は、まだ始まっていないようです。

ローマのÉric Sénanque特派員とともに

フランチェスコ・ザナルディ氏は、幼少期に神父から虐待を受けた経験があり、イタリアにおける小児性愛者の被害者の主要な団体であるL’Abusoネットワークの会長を務めています。彼はソーヴェ委員会の結論を注意深く読んだが、ラインを動かすためにはまだやるべきことがたくさんあると考えている。イタリアではいまだに教会を調査する委員会を待っています」と語る。イタリアは本当に行動が遅れている国のひとつですが、これは家にバチカンがあるからでしょうね。フランチェスコ氏は長年にわたり、小児性愛者の犯罪というドラマに効果的に対処する意志がイタリアのカトリック教会にないことを嘆いてきました。

“同じベースからスタートしていない”

教会史家のマッシモ・ファッジョーリ氏は、フランスのように教会内のセックス・スキャンダルという痛ましい問題に対処することは、イタリア社会がまだ準備できていないため、当然のこととは言えないとしています。”ソーヴェ委員会 “のような委員会をイタリアで想像するのは難しい。同じベースからのスタートではありません。第一の例は、メディアが綿密な調査を行う勇気がないこと、第二の例は、政治、司法、警察が大胆さに欠けていることで、イタリアでは常に虐待のケースに対処することに消極的でした」と説明します。

しかし、イタリアの教会も黙っているわけではありません。多くの教区で聴取ユニットを備えた全国ネットワークが設置され、2年前には司教会議が性的虐待の惨状に立ち向かうための「ガイドライン」まで発表している。しかし、何十年にもわたって行われてきた虐待や苦しみを明るみに出すことができる、フランスのような教会の外にある委員会の設立には、まだほど遠いのが現状です。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement

シェアしよう!