フランスプレスレビュー2022-08015 フランスのサルマン・ラシュディ

今日の一面 2022年8月15日

Le Parisien Dimancheによると、イスラム教徒に対する脅迫のため、フランスでは「30人から50人」が保護下におかれているとのことです。そのうちの一人は本紙に「時間は何も消し去らない(…)ファトワは10年、20年後に追いつくことができる」と語った。たとえ一人がクリーズの農家になったとしても、リスクがなくなるわけではありません。

救急医のパトリック・ペローも、そんな脅威にさらされている一人だ。Le Parisien Dimancheでは、彼はサルマン ラシュディに対する攻撃で「シグナル」を見ることを恐れ、「スリーパーセルが活性化するのではないか」、「イスラム教徒はこのシグナルを待って行動しているのではないか」と考えています。彼らは長い、非常に長期的である」、パトリック-ペルーはため息をついて、弁護士のアミン-エルバヒ、ルーベのイスラム教に関するレポートのためのテレビ番組 “ゾーンInterdite “の元 “フィクサー(そして彼はまたフランスの最近の立法でLR候補だった)、Le Parisien Dimancheに打ち明けている間。”彼らはあなたを忘れない”…

風刺週刊誌『Charlie Hebdo』の編集長であるRiss氏も、Le Journal du Dimancheのインタビューで、「残念ながら、ファトワーの下にいるときに、他の人と同じように生き直すことはほとんど不可能だ」と述べています。「この種の殺人者は決してあきらめない」とベルナール=アンリ・レヴィはLe Journal du Dimanche誌に付け加えた。フランスの哲学者によると、サルマン・ラシュディは来年10月にノーベル文学賞を受賞する予定だという。

投票所にいる外国人

フランソワ・ルブサメンは、市町村選挙における非欧州系外国人の投票に「賛成」している。Le Journal du Dimancheに掲載された記事の中で、元社会党大臣で現在はマクロン大統領の支持者である彼は、フランスの自治体選挙におけるEU圏外の外国人の投票は「社会正義」の問題であると考えています。フランソワ・ルブサメンによると、フランスはこの問題で「遅れている」。

RNの変身

先日の立法府選挙での成功を受けて、国民連合は脱デディケーションからノタビライゼーションに移行するつもりである。これは雑誌「L’Obs」の分析です。”国民連合 “とその89名の代議員は、5週間の議会活動を経て、議会の装飾に溶け込みました。どこまで立派になるのか?”国会では、RNのノタビライゼーションが順調に進んでいます。地獄のようなスピードで、すべてが計画通りに進んでいるようにさえ見える。特に多数派の票のおかげで、RNとその89人の議員(La France insoumiseやLes Républicainsよりも多い)は議会の2つの副議長職を獲得し、マリーヌ・ル・ペンは1つしか期待していなかった(…)そしてRNが財務委員会のトロフィーも獲得するのは危うかった。7月26日、L’Obsは、この政党の2人の代議員が、大臣を裁く共和国法院の議員に選出されたことを強調する-初めてだ。

本紙が指摘するように、これらは「立派な地形での新しい、壮大な征服」である。6月19日の戦線の成績に匹敵するものだが、非常にフランス的な『共和国の伝統』の名のもとに勝ち取ったものでもある(…)」と述べた。”もし政治家たちが、議会でRNを排斥することによって、RNの歴史的な得点を否定していたら、何と言われたでしょう?しかし、選挙で選ばれた議員の中には、この壮大な制度化の影響をすでに懸念している人もいる。その中の一人がL’Obsにこう打ち明けた。「私たちの前には、本当に問題がある。明日、解散があれば、RNが勝つでしょう。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220814-à-la-une-les-salman-rushdie-en-france

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks