フランス、日本へ最新の核輸送を開始

AFPの写真家によると、再処理された核燃料の出荷は水曜日の早朝にフランスの港湾都市シェルブールに到着し、日本に発電所で使用される予定です。

日本は独自の原子炉からの廃棄物を処理する施設がなく、そのほとんどを海外、特にフランスに送ります。

フランスの原子力技術グループオラノは、再処理されたプルトニウムとウランの混合物である高放射性モックスの負荷は、ハーグの工場から2台のトラックの安全なコンテナで一晩輸送されたと述べた。

AFPの写真家によると、船団は午前3時45分頃に法執行機関車両に囲まれた港に到着した。

午前6時過ぎに、燃料パッケージは、この種の輸送に関する豊富な経験を持つ英国の会社PNTLから特別に設計された船に積み込まれた、とオラノは言った。

船が日本に到着するまでに2ヶ月以上かかるだろう、と1999年以来フランスからの8回目の出荷は述べた。

抗議

メールマガジン購読

モックス燃料の日本への以前の輸送は2021年9月で、環境団体グリーンピースからの抗議を集めた。

「核拡散の観点からこのような危険な物質を輸送することは、完全に無責任だ」とグリーンピース・フランスのヤニック・ルーセレットは、最新の計画出荷について語った。

フランスは冬前に被災した原子炉を再開することを誓う
米国は、ロシアがウクライナ原子力発電所の放射線リスクを無視していると主張している
Oranoによると、Moxは92%の酸化ウランと8%の酸化プルトニウムで構成されている。プルトニウムは「軍が使用するものとは変わらない」と述べた。

https://www.rfi.fr/en/international/20220907-france-to-send-latest-nuclear-shipment-to-japan

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks