2022-08-11ヘッドライン:フランスではまだ火災が続いている

2022-08-11ヘッドライン:フランスではまだ火災が続いている

ほぼすべての場所で、同じ印象的な写真と、「Aujourd’hui en France」の「果てしない悪夢」という言葉が紹介されています。「湖の中に火がある」とリベラシオン誌はその日の社説で警告を発している。2008年には1,700ヘクタールが煙に包まれ、さらに横軸にそって数字は急上昇し、まだ終わっていない今年も5万ヘクタール以上となっています。

午前9時:ジロンドで火災発生、午前10時:メーヌ・エ・ロワールで火災発生、その日は災害と証言で過ぎていく。ジロンド県の火災は「制御不能」であり、Aujourd’hui en Franceは、「(昨日は)恐ろしい速度で進行し、1分間にサッカー場10面分の炎が消費された」と記述している。

「2022年は現在、記録的な暑さの年である 」とル・モンドは言う。Le Figaro誌が指摘するように、「2022年の夏は、来るべき気候の前触れである」(中略)こうした連続した熱波は、新しい気候の特徴になりつつある」とMétéo-France社の予測担当者は説明している。新聞にも「最悪の事態を十分に想定しているか」という質問がある。これは、『米国科学アカデミー紀要』に掲載された研究でも提起されていることだ。科学者たちは、最も憂慮すべきシナリオを支持し、例えば3度以上の温暖化という考えを無視しているのだ。

そして、このような状況にもかかわらず、Le Figaro誌によると「フランスは他の国を見ている」のだそうです。

市町村選挙におけるすべての外国人の選挙権・被選挙権に関する議論が再燃していることに関連して。Le Figaro誌のSacha Houlié代理人による「むなしい挑発」。Libérationは、この提案を受けて「自分の陣営に火がつき始めた」と語っている。Gérald Darmaninは、自分自身を「多数派の左派に刺激されている」と見ている。しかし、新聞は「フーリエの提案が日の目を見る可能性はほとんどない」と最初から断言している。

ガザ地区でのレポート

イスラム聖戦の幹部を狙ったイスラエルの作戦「ナッシェント・ドーン」の数日後、47人のパレスチナ人が殺害された。その中には、多くの一般市民も含まれています。リベラシオンでは、これらの空爆に関する記述が次々と出てくる。空爆が落ちたときに準備中だったバカロレアのパーティーで、観測用ドローンから「おそらく見えない」5歳の少女が殺されたと新聞に書かれているのである。その数行先には、結婚式を挙げた家族の証言がある。「証明されない限り、パレスチナ人派閥の過激派が立ち会うことなく、[…] 階段には妻の血痕がある」と彼は言うのだ。小さな娘も失った。

メールマガジン購読

ル・モンド紙上で、今度は「ガザの門をくぐったパレスチナ人旅行者の地獄」についてのレポートが読まれることになる。実際には、せいぜい1日、時には5日かかる。エジプト軍の好意にかかっている。ガザンの人々は、この通路について、屈辱、何日も太陽の下で待つこと、トイレが使えないこと、強要など、ひどい話を交換する。旅費は最低でも100ユーロはかかる。中には “VIPサービス “のために1000ユーロ以上支払う人もいる。[…]尊厳ある旅の代償だ」と、目撃者の一人は説明する。

フランスの産科病院における状況

「将来の母親のための赤い警告」、L’Humanitéは、困難または特定の活動を閉じている産科病院のフランスのマップを公開し、それはフランスの小さなオレンジと赤の点のためにたくさん作る警告している。助産師が不足しており、労働条件の悪化を糾弾している。まさにこのテーマについて、La Croixはあらゆるセクターにおける「従業員の高い離職率」に注目している。欠員数の説明のひとつに「意味の危機」がある。この記事は、「健康危機の余波が『次の世界』の出現をもたらさないとしても、仕事との新しい関係を予感させる」と結論づけている。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220811-à-la-une-les-incendies-sévissent-toujours-en-france

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks