2000年代にヨーロッパに輸出された数少ない日本人ライダーの一人である別府史之選手が、16年間のペロトン生活を終え、引退を表明しました。

日本の自転車競技のエリートの先駆者である別府史之は、グランツールでの好成績や、いくつかの国内および大陸でのタイトルを獲得したプロとしてのキャリアに終止符を打つことを発表しました。”夢を追う青春時代を過ごし、やれることは全てやった。辛かったけど、痛くはなかった」と、アメリカのチームEFエデュケーション・ニッポで最後のシーズンを終えた38歳のサイクリストはツイートした。

パリ~ルーベのファン

2000年代にガラスの天井を破って大リーグに進出した別府史之さん。2009年には、日本人サイクリストとして初めて、同胞の新城幸也と一緒にツール・ド・フランスを完走しました。「シャンゼリゼ通りの最終ステージでは、最も戦闘的なライダーに選ばれました」と、2020年1月にガボンで開催されたトロピカル・アミッサ・ボンゴで、何としてもパリにたどり着きたいと考えていたライダーは語っています。”初めての大きなツアーだったので、長いだろうなと思っていたのを覚えています。最終日、私はもうパリにいることにとても驚きました。NHKのテレビ番組では、この演奏を大きく報道していました。別府はジロ・デ・イタリアを4回、ツアー・オブ・スペインにも参加した。

ルーラーと呼ばれる別府は、どんな地形でもうまく乗りこなせると思われていた。彼は、ヨーロッパの自転車競技への着地を「エキサイティング」と表現した。

https://www.rfi.fr/fr/sports/20211109-les-adieux-de-fumiyuki-beppu-pionnier-du-cyclisme-japonais-sur-route