日本:遺伝子操作食品には多くの疑問がある

今年の日本の年越しは、多くの人がGM食品を食べることになるのではないだろうか。GMFとはGenetically Manipulated Foodsの略で、いわば遺伝子組み換え作物の日本での従兄弟のようなものだ。東京の特派員、ブルーノ・デュバルと。

2021年の列島を代表する科学技術イノベーションだが、この遺伝子組み換え食品が棚や食卓に並ぶと、活発な議論が巻き起こる…。

トマトには血圧を下げるアミノ酸であるGABAが豊富に含まれています。食欲を決定する遺伝子が改変され、飢餓状態になった魚。その結果、常にガツガツ食べて普通の魚の2倍くらいに大きくなったり、遺伝子操作の結果、健康に良い不飽和脂肪酸を多く含むようになったりしている。

ある男性は、「この食品には外部の遺伝子は入っていないから、この技術革新は安全だ」と言う。自分たちの遺伝子が変質しているだけだ。でも、みんなはもちろん疑っている…。

“実験食 “を食べる?結構です…。問題は、これらの遺伝子組み換え作物が店頭でそのように表示されていないことで、もしそれが落ちていたら、私はすでに知らずに食べてしまっているのです」と、別の人が言う。消費者は自由に選択する権利を奪われる。耐えられない。

この総会を見ると腹が立つ」とある女性は言う。魔法使いの弟子として、自然が作り出したものを操るというのは、私にはとても危険なことのように思えるのです そして、私たちが食べるものが化学者によって作られているとしたら、私たちはどこへ行くのでしょう?これでは食の未来はない! 小規模生産者のノウハウ、持続可能な農業、AOC、ショートサーキットなど、いろいろあると思いますが、いかがでしょうか?

ましてや、健康に良いと世界中で評判の日本食のイメージを損なうと危惧する声も少なくない。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211225-japon-les-aliments-génétiquement-manipulés-suscitent-de-nombreuses-interrogations

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks