アフリカの成長は緩やかに回復するとIMFが警告

アフリカの景気回復は、世界の他の地域に比べて遅いことが確認されました。国際通貨基金(IMF)は、サブサハラ・アフリカの平均成長率を、2021年に3.7%、2022年に3.8%と予測しています。この回復は、5〜6%に達する他の地域に比べてゆっくりとしたものになるでしょう。IMFによると、このような結果になったのは、予算上の制約に加えて、ワクチン接種が不十分だったことも一因だという。

10月21日(木)に発表されたIMFの半期報告書は、「1つの惑星、2つの世界、3つの現実」と題されています。しかし、アフリカと世界の他の地域との格差が拡大していることを考えると、「A Two-Speed World」と呼ぶこともできたかもしれません。

2020年に歴史的な不況に見舞われた大陸は、現在再び成長しています。豊作と商品価格の回復により、アフリカ経済は再び軌道に乗ったが、「先行きは不透明」と、同機関は控えめな表現で指摘している。

アフリカではいまだにコヴィド-19に対するワクチンがなく、各国にハンディキャップを与えています。活動と人口を支援する公共政策は一般的に弱すぎる。予算面での余裕も弱い。パンデミックが始まって以来、3,000万人のアフリカ人が極度の貧困に陥っているとIMFは指摘し、社会的緊張や政治的不安定のリスクを強調しています。

しかし、世界は黙って見ているわけではない。ドナーや国際機関が動員されました。しかし、IMFは、債務問題とアフリカ経済の資金調達の両面で、さらに多くのことを行う必要があるとしています。この分野では、報告者は「コストは高いが、不作為のコストに比べれば常に低い」と強調しています。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 819
Enable Notifications OK No thanks