日本では、元首相の安倍晋三の物議を醸す国葬

「フランスが伝えた日本のニュース」は、フランスの報道機関がどのように日本を報道しているかという目的で配信しています。したがって、内容に関しての正誤や事実であるかの検証の有無、アンテンヌフランスが内容に同意しているかに関わらず掲載しています。ご了承下さい。

7月に暗殺された安倍晋三元首相の国葬を9月27日(火)に行うという日本政府の決定に対し、日本国内では強い批判が寄せられています。式典には、米国のカマラ・ハリス副大統領やフランスのサルコジ元大統領など、約100人の外国人要人が出席しています。

安倍晋三の国葬は今週火曜日、武道館で行われます。東京特派員のフレデリック・チャールズがレポートします。靖国神社は、戦犯の武器が祭られ、超保守的な元首相が定期的に供養していることで物議を醸しているが、その神社と皇居の間に位置している。葬儀の大欠席者は、天皇陛下です。父と同様、安倍晋三が大東亜戦争で日本が犯した罪を軽く扱う傾向があることを快く思っていない。

日本は、国家葬儀をすることで殺害された元首相に敬意を表している。しかし、この儀式は日本では満場一致とは程遠い。まず第一に、そのコストのために、1200万ユーロと推定されていますが、実際にはおそらく2〜3倍高いです。首相がそのような賛辞の恩恵を受けることも非常にまれです。戦後以来の唯一の先例は1967年にさかのぼる。日本では、国葬は天皇陛下のために行われます。

数百人の人物が元日本の安倍晋三首相の葬儀に招待されている。AP - リア・ミリス
数百人の人物が元日本の安倍晋三首相の葬儀に招待されている。AP – リア・ミリス

そして、7月8日に奈良で起きた安倍晋三暗殺事件は、1955年以来ほぼ連綿と続いてきた保守党政権への宗派の影響力を浮き彫りにしたのである。暗殺者の山上徹也は、元首相が月派として知られる統一教会を支持していると非難した。彼は、自分の母親を洗脳し、家族を破滅させたこの宗教団体を憎んでいた。

統一教会の政治的影響力

韓国で設立された宗教運動である統一教会は、集団結婚で最もよく知られています。日本の右翼のリーダーとして知られる安倍晋三とのつながりは、祖父の岸信介にさかのぼります。冷戦時代、日本の右翼はアメリカの支援を受けながら、宗教運動を利用して反共産主義同盟を構築した。これを利用して、宗門は経済帝国を築き上げたのである。その収入のほとんどは日本からの寄付で、日本の弁護士の試算では、30年間で10億ドル以上という。米国では、リチャード・ニクソンからドナルド・トランプまで、保守的な政治指導者と接触してきた宗派である。

日本の国会議員の半数が統一教会とつながっている。さらに影響力のある宗教運動がある:創価学会。政党である公明党は、20年間政権を握っている連合のメンバーです。

メールマガジン購読

日本人の2人に1人以上がこの葬儀に反対した

この式典のために東京中心部で約2万人の警察官が動員され、武道館の近くでデモが行われた。日本人の60%以上がこの国民的賛辞に反対している。最近、ある男が首相官邸の前で火をつけようとした。「修正主義者を祝わないでください」とサインが読みます。または、「私たちの家族を台無しにするこの宗派を禁じてください」。

「国葬 」と呼ばれるこの葬儀に、日本人の半数以上が反対しているのです。歴史家の美山京治氏は、東京の特派員ブルーノ・デュバルにこう言った。「だから、純粋に人工的なオマージュなのです」。王子の事実を反映させるだけです。このような葬儀を利用して、反体制的な意見を封じ込めた1940年代に、日本は逆戻りする。

三山京司にとって、この葬儀は「民主的な退行」でさえあります。「私たちは往年の帝国政権に戻ります」と歴史家は言います。それが先例を作るかどうかは非常に心配です。日本は、純粋に政治的な目的のために上から課せられた国民的感情のペースで生きるべきではない。」

日本は彼にそんな敬意を払う必要はない。彼の性格と政策は分裂し、彼の貸借対照表は非常に混在しており、さらに、彼は政治と金融のスキャンダルによって飛び散った。

約40人の外国人要人

しかし、与党はそのような分析を否定する。ある幹部は「本当の日本人は葬式に賛成だ」とまで主張した。それを批判する人は、市民としての自覚や愛国心に欠けるという意味合いもある。

約40人の外国人要人がこの式典に出席します。彼らにとって、安倍晋三は世界の舞台で非常に活発な外交を率いた人です。公共テレビチャンネルNHKは、安倍晋三を最大限の敬意をもってこの式典をカバーしています。彼は中国の権力の野望に対抗するためにインド太平洋地域の出現に貢献し、台湾に近づき、米国との同盟を強化した。彼は不人気ではなかった、そうでなければ彼の保守党は8年間彼を権力に残さなかっただろう。米国副大統領カマラ・ハリス、ベトナム大統領らは、今日東京で歓迎し、世界の危険な地域の現実主義者である安倍晋三を歓迎します。

https://www.rfi.fr/fr/monde/20220927-au-japon-des-funérailles-nationales-controversées-pour-l-ancien-premier-ministre-shinzo-abe

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks