日本は寿司屋で衛生対策に違反する人々を攻撃する

名古屋地区の寿司屋で悪趣味のイタズラをした後、日本で3人が逮捕された。「sushi-terro」と呼ばれる行為は、衛生基準で冗談を言わない国で法的措置と憤りを引き起こしました。

東京の特派員、フレデリック・シャルルから

21歳の男性と15歳のティーンエイジャーが名古屋地域で逮捕された。先月、19歳のトリオの最初のメンバーが逮捕された。トリオは、メンバーの一人が回転カウンターで寿司を捕まえ、それを飲み込む前に笑って指を舐めていることを示す4000万回近く視聴されたビデオをインターネット上で放送しました。それから、彼が首に一般的な醤油のボトルを飲んでいるのを見ます。

警察は、厳格な清潔さ基準で知られる国で、クラ寿司レストランチェーンの評判を台無しにしたとして、トリオを非難しています。チェーンは、レストランのすべての皿、ティーカップをきれいにし、衛生対策を強化しなければならなかった。

株式市場に落ちる

他のビデオは競合するレストランで撮影された。彼らは、寿司皿をスクロールする指で、緑の調味料であるわさびを適用する顧客を示しています。警察は、負傷したレストランチェーンの証券を株式市場に突入させたこれらの味の悪いいたずらの責任者を探しています。すべての民事および刑事上の苦情を提出しました。

顧客を監視するためにカメラを設置することを検討している人もいます。クラ寿司は、これらの逮捕が日本のインターネットユーザーによって「寿司テロ」または寿司テロと呼ばれるこの種のジョークに終止符を打つことを望んでいます。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20230309-le-japon-s-attaque-à-ceux-qui-bafouent-les-mesures-d-hygiène-dans-les-restaurants-de-sushi

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1697
Enable Notifications OK No thanks