日本はロシアに厳しく、クリル諸島(北方領土)の不法な併合を非難する

ウクライナ戦争が始まって以来、ロシアと日本の関係は、ロシアが欧米の対モスクワ制裁を支持するなど、ますます緊迫している。東京は外務省の年次刊行物の中で、モスクワがクリル諸島を「不法に」併合したと非難している。クリル諸島(AF注:北方領土)は、第二次世界大戦の末期にソ連軍によって侵略された日本の北にある小さな島々である。

東京にとって、4つの火山島からなるクリル諸島は、ロシアに「不法に」占領された日本の領土である。これは、毎年発行される新しい外交官用の「青本」に白黒で書かれている。日本はこの20年近く、それほど厳しい状況にはありませんでした。

しかし、第二次世界大戦後、ロシアと日本が一度も平和条約を結んでいないとすれば、それはこの領土問題によるものである。1945年以来、千島列島を支配しているのはロシアであり、日本の大きな島、北海道に隣接するほとんど無人の島である。

日米間協議の断念

今日、ウクライナの戦争が事態を悪化させているようです。日本は欧米の制裁に参加しているが、モスクワは非常に不愉快で、3月に突然、「ロシアの利益を害そうとする非友好的な国とは話し合えない」と判断して東京との協議を打ち切った。

日本が4月上旬にロシア産石炭の輸入停止を決定したことも、事態を好転させるものではなかった。したがって、平和条約の可能性に関するさらなる交渉は問題外である。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220423-le-japon-durcit-le-ton-face-à-la-russie-et-l-accuse-d-avoir-annexé-illégalement-les-kouriles

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks