日本は2030年までに極超音速ミサイルの配備を計画

水曜日の北朝鮮の記録的な火災サルボの後、この地域では緊張がピークに達している。日本は現在、兵器強化が必要だと考えている。

ウクライナでの戦争、北朝鮮のミサイル発射、中国の軍事演習など、劣化した安全保障環境に直面している。

日経によると、日本は最初にアメリカのトマホーク巡航ミサイルを取得し、対艦ミサイルの範囲を現在の200kmから1,000kmに拡大し、最終的に2030年までに極超音速ミサイルを買収する予定です。この手ごわい武器は、予測不可能な軌道のおかげでミサイル防衛システムを阻止することができ、音の15倍のマッハ5よりも高い速度に達することができます。

攻撃に対抗するためのキャパシティビルディングは、来年の武装ドローンの購入も提供します。近年増加し続けている年間軍事予算は、2023年から2024年の会計年度に400億ユーロの記録的な金額に達しています。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20221103-le-japon-envisage-le-déploiement-de-missiles-hypersoniques-d-ici-à-2030

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks