日本の大富豪、前澤友作氏が宇宙を征服する

オンライン・ファッションで財を成した日本の億万長者、前澤友作氏の足はもう地についていない!?12月8日(水)にロシアのソユーズロケットで地球から400km離れた国際宇宙ステーション(ISS)に向けて飛び立ち、10日間滞在します。

「私にとっては本当にチャレンジングなことですが、夢を追うことは大切だと思います。どのようなものでも構いません。」前澤友作氏は、自身のYouTubeチャンネルで「人に感動を与える存在になりたい」と語っています。いたずらっ子のような笑顔のメニューマンは、数ヶ月の訓練を経て、子供のような情熱を持って宇宙に飛び出した。この宇宙ミッションは、2年後にスペースXロケットで月を周回するための第一歩として、3,000万ユーロという破格の費用で実現したものです。

しかし、なぜ月なのか?「3つの理由があります」と前澤友作氏は説明する。「まず、新しいことを経験したい、行ったことのないところに行ってみたいという好奇心です。2つ目は、地球の素晴らしさを知りたいということです。最終的には、自分がいかに小さいか、取るに足らない存在であることを自覚し、より多くのことを達成するためにさらに努力しなければならないことを理解したいと思います。怖いけど、好奇心の方が強い。」

彼の友人である “MZ “は、ロケットが完成していれば、同じようにエキセントリックなイーロン・マスクとともに、最初の月旅行者の一人になるかもしれない。

テスラとスペースXのボスは、日本の億万長者のYouTubeチャンネルで、前澤友作氏を誇らしげに肩車している姿を見て自信を持っています。”スターシップ “で2023年までに軌道に乗せることができそうです。これは期待できる。前澤友作氏は、アーティストやデザイナーにロケットの座席を提供しています。この経験をみんなと共有したいと思っている。

高価で複雑な課題である宇宙旅行ですが、想像以上に物理的に身近なものです。

国立宇宙研究センターのクリストフ・ボナル研究員は、「加速度が比較的小さいため、軌道は非常にシンプルです」と説明する。フォワール・デュ・ローヌの乗り物に匹敵します。ですから、健康状態を確認し、途中で心臓発作を起こす危険性がないかどうかをチェックし、それで終わりです。その上で、実際に自分が置かれている状況を体験してもらいます。例えば「3G」、「3G」は「王座決定戦」です。また、全身を拘束された状態で、全方向に回転するシートに乗っていただきます。非常に混乱しているように見えますが、世界の終わりではありません。

しかし、ビジネスマンの気質が強い日本で、気まぐれな日本人がこのような存在になることを運命づけられたわけではない。

46年前に千葉県鎌ケ谷市で生まれた彼は、パンク・ロックに魅了され、高校時代の友人とバンド「スイッチ・スタイル」を結成。彼は大学には行かず、アメリカ人の彼女と一緒にアメリカに行きました。そこでCDやレコードを集め、1995年の帰国時に売却した。これがきっかけで、最初の会社であるスター・トゥデイが誕生しました。その後、2004年にはオンラインファッションサイト「ゾゾタウン」を立ち上げ、現在では日本を代表するサイトとして東京証券取引所に上場しています。そして、オーダーメイドの服を作るブランド「Zozo」を立ち上げました。ゴルフ好きの彼は、家族との時間を大切にするために、従業員に最大6時間の勤務を課している人気の高い会社です。

2人の女性との間に3人の子供を持つこの父親は、現代アートの偉大なコレクターでもある。2017年には、3枚目のジャン=ミッシェル・バスキアの絵をオークションで1億1,050万ドルという記録的な金額で購入しています。「これは私のお気に入りのジャン=ミシェル・バスキアの絵です。この作品を見たとき、その力強さと強い感情に涙が出そうになりました」と語る。

日本で18番目の富豪である前澤友作氏は、パブロ・ピカソ、アンディ・ウォーホル、アレクサンダー・カルダーの絵画も所有しています。彼はこれらの作品を、東京の現代美術財団を通じて一般の人々にも提供したいと考えました。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie-le-portrait/20211210-le-milliardaire-japonais-yusaku-maezawa-à-la-conquête-de-l-espace