ミャンマーで邦人が拘束される

ヤンゴン(AFP) – ミャンマーの首都ヤンゴンで日本人男性が拘束されたと、日本大使館の職員が確認した。

 

現地の監視団体によると、昨年の軍事クーデターにより、ミャンマー政府は抗議行動を展開し、2000人以上が死亡、少なくとも14000人が逮捕された。

土曜日、日本と地元のメディアは、映画監督の久保田徹氏(26)が2人のミャンマー人とともに反政府集会の近くで拘束されたと伝えた。

日本大使館の職員は、匿名を条件にAFP通信に、「昨日ヤンゴンで日本人が拘束されたことを確認できた」と語った。

大使館は「当局と連絡を取り、釈放を確保するための措置をとっている」という。

拘束された人物の身元を確認しなかったこの日本政府関係者は、抗議活動中に逮捕されたかどうかについては情報がないと述べた。

メールマガジン購読

また、政府高官はコメントを控えている。

日曜日に東京の日本外務省の外では、久保田氏のプラカードを掲げた小さな群衆が集まっていた。

反体制派に対する軍の弾圧以来、何人もの外国人が逮捕されている。

昨年、日本人映画監督の北住友紀氏は、クーデターの余波を取材中にミャンマー当局に拘束された。

国際的な圧力により釈放され、2021年5月に日本に帰国しました。

北住氏は久保田氏の拘束に衝撃を受け、「早く解放されることを望んでいる」と述べた。

「彼はドキュメンタリーのビデオグラファーであり、資料を集めていたとしても逮捕される理由はない」と述べた。

ミャンマー政府は報道の自由を厳しく制限し、記者やカメラマンを逮捕し、放送免許を剥奪している。

監視団体Reporting ASEANによると、今年3月現在、全国で48人のジャーナリストが拘束されたままだ。

 

https://www.rfi.fr/en/international-news/20220731-japanese-national-detained-in-myanmar

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667