Japanese politician Sanae Takaichi announced Wednesday she will run for head of the country's ruling party Kazuhiro NOGI AFP

日本:超保守派の高市早苗氏が与党のリーダーに

(フランスが伝える日本のニュースでは、フランスでは日本がどのように伝えられているかを知るために、多少内容におかしいと思う部分があっても、そのまま掲載しています。ご了承下さい。)

日本では数少ない女性政治家の一人である高市早苗氏は、9月下旬に予定されている与党党首選挙に菅義偉首相の後継者として出馬することを発表しました。

高市早苗氏(60歳)は、9月8日(水)の記者会見で自民党総裁選への立候補を表明し、「日本を守る責任と、未来への道を切り開く決意」を強調しました。

安倍晋三に近い

先週金曜日に不出馬を表明した菅義偉氏の後任として、8月下旬に発表された穏健派の岸田文雄前外相(64)に続いて、2人目の正式な候補者となりました。9月29日に予定されている投票の勝者は、秋に予定されている国会議員選挙に同党を率いて参加することになります。

奈良県出身の彼女は、親交の深い安倍晋三元首相の下で、内務大臣や総務大臣などを歴任し、今回の立候補を支持していると地元メディアは伝えています。

全会一致ではないポジション

彼女は国粋主義者で、日本が軍国主義の過去を謝罪することに反対しています。彼女は、第二次世界大戦後に連合国によって戦争犯罪の罪を着せられた日本の政府関係者を祀っている、物議を醸している東京の靖国神社を定期的に訪れています。このような訪問は、中国と韓国の反感を買うことになる。1993年から衆議院議員に就任した彼女は、保守的な立場を守っており、例えば配偶者が別の姓を名乗ることには強く反対している。

しかし、彼女は自民党内を含めて満場一致で支持されているわけではありません。2016年には、政治的に偏っていると思われる報道があった場合、テレビ局の放送権を取り消すと脅した。その後、国連の意見の自由に関する特別報告者は、「日本の独立メディアの行く末について深刻な懸念」を表明しました。2011年に日本のネオナチ政党の党首と一緒に写っている写真を撮られた彼女は、後に濡れ衣を着せられたと主張し、極右との政治的なつながりを否定しました。

[rfi]https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20210908-japon-l-ultra-conservatrice-sanae-takaichi-candidate-à-la-tête-du-parti-au-pouvoir

シェアしよう!