日本:米国から返還されて50年、戦略的前進基地であり続ける沖縄

日本列島の沖縄は、5月15日(日)にアメリカから日本への返還から50周年を迎えます。しかし、この機会に開催されるお祭りには、地域の緊張と中国の野心に関連した懸念が隠されている。

東京の特派員、フレデリック・シャルルとともに。

沖縄諸島の最後の島は、台湾から約100キロのところに位置しており、中国による台湾への侵攻は、沖縄での軍事的プレゼンスを強化している日本にとって「存亡の危機」を意味するものである。中国の台湾侵攻は、日本にとって「存亡の危機」となる。日本は沖縄での軍事的プレゼンスを強化しており、台湾防衛のために米国とともに介入しなければならないかもしれない。

日本では、米軍基地の設置はまだ論争の的となっている。

返還から50年、沖縄県民はそのような事態を恐れている。この恐怖は、ロシアのウクライナ侵攻以来、増幅されている。1945年、沖縄はすでに日本にとって、米国による本州への侵攻を遅らせるための盾の役割を果たしていた。

沖縄は戦略的に重要である。米軍基地は中国を「封じ込める」ため、そして北朝鮮を監視するために使われている。この島には、日本に配備されている5万人の米軍のうち、3分の2が駐留している。ロシアのウクライナ戦争以降も、戦争を知らない若い沖縄県民は、米軍基地の存在に甘んじている。騒音、事故、犯罪などの迷惑行為にもかかわらず。

しかし、台湾有事の際には、沖縄は米軍基地に対する中国のミサイル攻撃に直接さらされることになる。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220515-japon-okinawa-cinquante-ans-après-sa-restitution-par-les-etats-unis-reste-une-base-avancée-stratégique

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks