ウクライナ:重要な課題である原子力の安全性をめぐる問題

これほど高い原子力発電力を持つ国が、自国内で戦争が起こり、施設の安全が脅かされるような危険な状況に直面することは、かつてなかったことである。現在、稼働中の15基の原子炉に問題はないようだが、チェルノブイリでは戦闘によってロシア軍の支配下に置かれて以来、心配されるレベルの放射能が報告されている。

ウクライナは世界第8位の原子力発電国であり、そのエネルギーの50%を供給しています。現在、5つの発電所で15基の原子炉が稼動しており、非常に高い安全性が要求されています。しかし、この5つの拠点は戦争に直面し、爆撃やあらゆる攻撃にさらされ、いつ破滅的な状況に陥ってもおかしくない状況です。

2月24日午後、非常に脆弱なチェルノブイリ原発跡地で激しい戦闘が繰り広げられた。現在、この場所はロシア軍の管理下にあり、敷地内に設置されたいくつかのセンサーは、地域全体で非常に高いレベルの放射能を示すだろう。

なぜロシアはチェルノブイリ原発地帯を支配するために戦ったのか?それは、キエフに向かう途中の単なる寄り道だったのか、象徴的な場所を占拠したのか、それとも汚い爆弾を作るのに使える放射性廃棄物が豊富にある場所を占拠したのか?いくつかの仮説が提唱されていますが、現時点では答えられるものはありません。1986年、ソビエト社会主義共和国連邦の終焉を告げる史上最大の原発事故を経験した場所として有名であることは確かだ。

放射能汚染地帯、チェルノブイリ

1986年4月26日午前1時23分、ベラルーシとの国境にあるキエフ市から北へ45秒の地点で、チェルノブイリ原子力発電所の4号炉(RBMK1000型)は、民間原子力発電史上最悪の事故に見舞われた。爆発によって1,200トンの原子炉カバーが空中に放り出され、多くの高放射能生成物が筐体全体の外側に飛散した。

4号機は溶けてコリウムというマグマになり、その後地下に移動しています。この災害による火災は、数日間にわたり数百万個の放射性粒子を大気中に放出し、地球を数回周回して広大な領土を汚染し、直接・間接的に多くの犠牲者を出した。

メールマガジン購読

さらに、何百人もの鉱山労働者、消防士、作業員などの犠牲がなければ、この災害は他のもっと深刻な事態に発展していたかもしれないのだ。チェルノブイリ原発事故は、健康や生態系だけでなく、経済的、社会的、政治的な影響も明らかにしました。

この場所は現在も激しく汚染されており、今後もずっとそうであろう。すべての放射能を使い切るには、4万8000年かかるという。このいわゆる立ち入り禁止区域は、2,200km2以上に広がっている。労働者階級の町プリピアの廃墟がある非難区域であり、今も高い放射能を持つ発電所の廃棄物があちこちに保管されている広大な地域である。

この地域には、冷却中の炉心を含む3つの停止した原子炉と、現在も広範な監視が必要な悪名高い4号炉を持つチェルノブイリ原発もあります。そのため、敷地内には複数の箇所で継続的に放射能を測定するセンサーが張り巡らされています。これらの情報はすべて、立ち入り禁止区域の安全を担当するウクライナの国家機関によって発信・運用されており、これらのデータはインターネット上で参照することができる。

自然放射性物質の600倍のレベル

2022年2月24日夜、ロシア軍とウクライナ軍が衝突したチェルノブイリ原発での戦闘後、ウクライナ国家機関から伝えられた立ち入り禁止区域の放射能数値は、前日よりはるかに高い値を示していた。

この値は数日後も高く、チェルノブイリ原発の西側数十キロにある他のセンサーからも出ており、全体として戦闘前の20倍から30倍の放射能レベルであることを示している。これは1時間あたり65マイクロシーベルトに相当し、自然放射能の600倍に相当する。

これらは重要な数字ですが、実態を反映していないため、疑問が残ります。

チェルノブイリ周辺では、本当に放射能が増加しているのか、ということです。それとも、計測のアーチファクト、センサーの誤作動、このネットワークに侵入して偽の結果を流布するサイバー攻撃なのでしょうか?今のところわかりませんが、この特に心配な状況には警戒しています。これは非常に高い放射線量であり、もしこれが確認されれば、この地域にいる人はかなりの直接放射線を浴びるだけでなく、空気中の汚染も受ける可能性があるということです。だから、一刻も早くこの問題を解決する必要がある。

ウクライナのラヒブカ村郊外にあるチェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域の火災現場で、放射線量を測定するガイガーカウンター(2020年4月5日撮影)。REUTERS/Yaroslav

チェルノブイリの脆弱性

この数値が確認されれば、おそらく戦闘の結果、格納容器外に放射性物質が放出されたことを意味する。このことは、核廃棄物貯蔵施設が被害を受けたという当時から流布していた情報を裏付けるものであり、この地域はまだ極めて脆弱であることを意味する。

爆撃に全く耐えられない放射性廃棄物貯蔵所が何十カ所もあるだけでなく、チェルノブイリ原発1、2、3号機から取り出された使用済み燃料も心配されているのです。ブルーノ・シャレイロン氏は、「これらの燃料は永久に冷却されなければ、核災害の危険がある」という。

これらの燃料の多くはまだ水面下で保管されており、より安全な条件の貯蔵施設に少しずつ移すというプロジェクトが数年前から行われている。しかし、これらの照射済み燃料のほとんどは、当分の間、プールに保管されたままである。もし、このサイトの安全性を担当している技術者が、これらの燃料の冷却を保証できなくなったら、本当に大惨事につながるかもしれない。

さらに、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の4号炉のコリウムが、古い石棺の中でまだ光っており、新しい仮の石棺に包まれている問題もある。Bruno Chareyronがコメントしているように、「このコリウムは依然として高放射能物質であり、非常に特殊な封じ込めと監視条件で維持されなければならない」。今、外国軍が占領している場所で、これらがどのように機能するのでしょうか?その地域に関連する安全機能はすべて維持されるのでしょうか?特に、これほど多くの高濃度放射性物質が存在する地域が、ほとんど情報のない戦場にあることを想像すると、本当に心配になる。

高度なセキュリティが要求される原子力発電

ウクライナのメディアによると、同国の首都キエフの北にある水力発電所が爆破されるなど、ウクライナがその領土全域で被ったロシアの攻撃の暴力は、軍事拠点以外にもそのインフラに影響を及ぼし、大きな被害をもたらしているという。これは、特に脆弱なウクライナの原子力産業にとって、非常に心配な安全保障上の状況である。

一般的に、原子力産業は常にセキュリティが必要とされています。原子炉が停止しても、良好な状態で冷却できなければならず、そのためには水、電気、有能な人材の恒常的な供給が必要である。戦争のために、これらの供給源が途絶え、人員も介入できなくなり、現場に行けなくなった場合、原発が自発的・非自発的なミサイル攻撃、爆撃、飛行機事故、サボタージュなどを受けた場合、大きな原子力災害につながる可能性があるのだ。放射性物質が悪意を持って転用される危険性があることは言うまでもない。

これらの状況はすべて、劇的な結果をもたらす可能性があります。平時からすでに、核施設の安全を保証するために非常に重要な手段が必要であり、戦時には、これらの問題すべてがより残酷に発生するのである。そして、チェルノブイリでの放射能増加の情報は、それが事実であれ虚構であれ、必然的にこれらすべての疑問を投げかけることになる。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220226-ukraine-interrogations-autour-de-la-question-vitale-de-la-sécurité-nucléaire

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks