ロシアとウクライナ:「国境の国」の悲惨な記憶

キエフ・ルスは近代ロシア発祥の地であり、11世紀にはヨーロッパの大国であった。19世紀末になると、「ウクライナ」(「行進」「国境の国」)という名称が復活し、ロシア革命の後に登場し、少なくとも15年間はその絶対的犠牲者となった。

1917年3月17日、ロシアのツァーリ政権を倒した二月革命の後、ウクライナ人の最初の政治的行動は、キエフに設立された新しいウクライナ人民共和国を統治する議会、中央ラーダの設立であったが、その名前に反して、決して共産主義的ではなかった。6月に国の自治を主張し、11月のボルシェビキ革命の際には独立を主張した。

この新国家はフランスとイギリスに承認されたが、直ちにボルシェビキの反対を受け、ハリコフにウクライナ・ソビエト社会主義共和国政府を樹立した。1918年の初め、彼らは12日間にわたってキエフを砲撃し、ついにキエフを手に入れた。そして、ラダは中央帝国に目を向けた。フランスとイギリスはそれを放棄した。

10月革命後にすでに存在していたドンバスの分離主義

ブレスト・リトフスクの単独講和により、ボルシェビキは一時的にウクライナを放棄した。1917年以来、ウクライナのボルシェビキの3分の2以上が集中しているドンバスの鉱山・鉄鋼地域は、ドネツク・クリヴォイ・ログ・ソビエト共和国の名でロシアに加盟しようとする。しかし、レーニンは、プロレタリアート独裁を構築するために想定される労働者の基盤を強化するために、この地方が、彼があまりにも農民的だと考えるウクライナの枠組みの中に残るように配慮している。南部では、ソビエト連邦のオデッサ共和国とタウリデ共和国(クリミア)がソビエト勢力に服従している。

こうしてウクライナは1921年まで、中央帝国(1918年11月に敗北)や同盟国、ポーランド、白軍(ツァーリ)、左翼革命的社会主義者、そしてもちろんボルシェビキの支持する民族主義者の間で内戦が繰り広げられることになった。歴史家のニコラス・ヴェルトは、「彼は、反ロシアの真の国民革命と農民革命を体現していた」と説明する。1918年から1920年にかけて、農民の抵抗はどこよりも強かった。

「ボルシェビキ勢力がウクライナに興味を持ったのは、最も豊かな部分(小麦、石炭、鉄鉱石)だからだ」と続ける。それがないと生きていけない。1932年から1933年にかけて起こった大飢饉「ホロドモール」をテーマにしたドキュメンタリー映画の脚本家、アントワーヌ・ジェルマもこのように説明する。「ウクライナ人とは関係なく自助努力できる場所です。私たちは、ウクライナが暴力と強制によってソビエト連邦の傘下に入ったことを忘れている。

メールマガジン購読
1919年、ネストル・マフノ(中央)とその一行。ウィキコモンズ

1918-1921年:内戦と飢饉

内戦とソ連の徴発により、最初の飢饉が起こり、100万から200万人が死亡し、人肉食のシーンも見られた。その後、アメリカは人道的な支援を行った。イヴ・テルノンは次のように書いている。「9つの政府の間であれ、1917年から1921年までの間であれ、ウクライナは多数の断片に爆発したように見えるが、そのどれもが全体と関連していなければ意味を持たず、全体はカオスである…」ii。

この時代の記憶は、歴史家エリック・オーノーブルによれば、「(2014年にフィロ・ロシアの権力に挑戦した)『マイダン』やドンバスでの戦争の反響室」iiiも形成しているのだ。1922年12月、勝利したボルシェビキの支配地域は、ソビエト社会主義共和国連邦(USSR)にまとめられた。当初は、ロシア(自治共和国と地域)、ウクライナ(ポーランドに併合された西側の領土を除く)、ベラルーシ、トランスコーカシアで構成されていた。その直前の1921年10月に誕生したクリミア自治共和国は、引き続きソビエト連邦ロシアの一部であった。

ブラホビシェンカ村(ウクライナ、ザポリジニア州)のイラリオン・ヌシチェンコという10代の若者が、飢饉(1921-1922)のために3歳の弟を殺して食べてしまったのだ。この画像は、1922年にウクライナ赤十字から送られた資料の一部です。ウィキコモンズ

1931-1933年:ホロドモル、「大飢饉」

「1924年、レーニンの死後、スターリンはまずデタント(緊張緩和)政策を実施した」とアントワーヌ・ジェルマは説明する。ソ連という限られた枠組みの中で、ウクライナのアイデンティティが形成されていったのです。しかし、この黄金期は長くは続かなかった。1928年、ソ連を大工業国にすることを目指した第1次5カ年計画がスタートした。農業生産は、産業機械を買うために輸出に回された。ヴォルガの農民、カザフの育種家に続いて、ウクライナ人が犠牲になったのである。今回は、そのうちの400万人が、主に1933年の最初の6ヶ月間に、完全に人民委員会の支配下にある地域で餓死しているのだ。

これは、ウクライナの農民を、集団化に敵対する地主であるクラックと非難し、15年間続いた戦争のクライマックスであった。スターリンは、この問題をソ連や他の国で完全に沈黙させることに成功した。ソ連から帰国したエドゥアール・エリオ代議士のように、イデオロギーからではなく、経済的利害から嘘をついた者も少なくない。スターリン主義の第一の目的は、真実の排除である」とアントワーヌ・ジェルマは要約している。

第二次世界大戦中、ウクライナはナチスとソビエトの対立の中心に位置し、殉教者共和国となった。前者については、「ウクライナ人は『白い黒人』だと言われた」とアントワーヌ・ジェルマは振り返る。このような植民地的な考え方は、ウクライナの多くの民族主義者が、ロシア支配よりも開放的だったオーストリア=ハンガリーの記憶から、ソ連に対する日和見主義から、さらには反ユダヤ主義から、ドイツの補助勢力や協力勢力になることを妨げなかった。政治学者のリサ・ヴァプネさんは、「殉教者であっても、スケープゴートを探すことはできる」と言う。

この画像は、オーストリア人のアレクサンダー・ヴィーナーベルガーが1933年にハリコフで撮影した一連の写真の一部で、後に「Muss Russland Hungern? [1935年にウィーンで出版されたもの © Wikicommons
1941-1944年:ウクライナ民族主義、殉教者であると同時に処刑者の共犯者でもあった

1941年9月29日と30日、キエフのユダヤ人約33,371人がナチスによって処刑されたバビ・ヤールの虐殺は、ソ連では長い間「平和なソ連市民」に対する虐殺と言われてきた。1941年から1944年にかけて、推定150万人のウクライナ系ユダヤ人が殺害され、その一部はウクライナ人自身によって殺害された。

にもかかわらず、1934年からナチスの諜報員だったステファン・バンデラのような民族主義的指導者が、2010年に「ウクライナの英雄」に昇格できたのは、彼が1959年にKGBに毒殺されたからでもあるのだ。赤軍によるウクライナ奪還後、バビ・ヤールの記憶を消すためにあらゆることが行われ、1945年9月7日にキエフで約100人が死亡したポグロムをはじめ、新たなポグロムが勃発することになった。

戦後、スターリンの反ユダヤ主義は、国家的な弾圧に変わった。1952年8月12日、いわゆる「詩人殺しの夜」に、NKVD長官ラヴレンチ・ベリアの命令で、ルビャンカ刑務所で13人のイディッシュ語作家が銃殺された。その中でも有名なダヴィド・ベルゲルソン、イツィク・フェファー、ペレツ・マーキッシュ、レイブ・クヴィトコは、皆ウクライナ人であった。

ニコラ・ヴェルトは、「ウクライナの民族主義者が『ショア』の時代に果たした絶対的な犯罪的役割は、今やプーチンによってかかしのように振り回されている」とコメントしている。これは、極右が現在、選挙で3〜4%を占めており、ポーランド、ベルギー、イタリア、あるいはもちろんフランスよりもはるかに少ないことを忘れている。2021年9月、家族の一部がショアに殺害されたヴォロディミル・ゼリンスキー大統領のもと、「反ユダヤ主義を禁止する」法律が成立した。

2022年3月2日、キエフのテレビ塔を狙ったロシアの爆弾がバビ・ヤール記念館のすぐ近くに落下し、怒りを買った。この記念碑は、飢饉の記憶に捧げられたような国の記念碑ではない」とリサ・ヴァプネさんは言う。代替資金で構築した。

ロシアの攻撃で狙われるキエフのテレビ塔(2022年3月1日、ロシアによるウクライナ侵攻時)。カルロス・バリア / ロイター

1986年、ソ連邦の崩壊がチェルノブイリから始まった

1944年、25万人のクリミア・タタール人(イスラム教徒)が協力者として弾圧され、その多くがウズベキスタンに強制送還された。1947年までに10万人が死亡した。クリミアは1954年にウクライナに返還され、1991年に自治共和国になった。タタール人が徐々に戻ってくることは、ウラジーミル・プーチンの後の野心には何の重みもないだろう。

2014年の出来事の間、ロシア権力は「クリミアのロシアへの返還」を1944年の「ファシストの侵略者からのクリミアの解放」と明確に関連付けた」とコリネ・アマチェリブは書いている。さらに、第二次世界大戦の終結とその余波で、戦前のポーランド支配からソ連領に移った西部を中心に50万人のウクライナ人が死亡または収容所への強制送還を余儀なくされたのだ。

ソ連崩壊の最初の兆候が象徴的に現れたのもウクライナであった。1986年4月26日、ベラルーシとの国境にあるチェルノブイリ原発の4号炉で、ロシア人技師アナトリ・ディアトロフが実験の監修を行った。この実験は、ソ連当局が不透明なまま管理し、多くの人命を犠牲にした史上最悪の原発事故の原因である。

2022年2月24日、チェルノブイリはウクライナ戦争の最初の戦場となり、核の脅威が戦場をはるかに超えた紛争の始まりとなった。2011年、ソ連最後の大統領ミハイル・ゴルバチョフは、1986年の事故について、「我々はまだこの悲劇の規模を完全に理解していない」と述べた。この判決は、ソ連のくびきの下でウクライナ人が受けたすべての苦しみ、それがキリスト教徒であろうとユダヤ教徒であろうとイスラム教徒であろうと、間違いなく当てはまる。フランスではまだその程度はほとんど知られていない。

https://www.rfi.fr/fr/connaissances/20220318-russie-et-ukraine-la-mémoire-tragique-du-pays-frontalier

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks