日本の集中豪雨で6人が死亡したと恐れられた

唐津(日本)(AFP) – 今週、南西日本を襲った集中豪雨で6人が死亡したと、同国政府は火曜日、地上での捜索救助活動が続く中、と述べた。

大雨の帯は、月曜日まで九州地域のいくつかの地域で記録的な量の雨を投棄し、川が氾濫し、土が地滑りで崩壊しました。

少なくとも3人が雨で死亡したことが確認されている、と政府のスポークスマン松野裕和は火曜日に記者団に語り、当局はさらに3人の死者が災害に関連しているかどうかを調査していると付け加えた。

3人が行方不明のままで、2人が軽傷を負ったと報告されている、と彼は付け加えた。

「亡くなった人々に哀悼の意を表し、災害の影響を受けた人々に心からの哀悼の意を表します」と松野は言いました。

一部の遠隔地のコミュニティは、洪水やその他の被害によって効果的に遮断されたままですが、そこの住民の安全は確認されています。

火曜日の早朝の時点で、輸送は引き続き中断され、一部の列車サービスが停止し、高速道路が封鎖され、1,400世帯が停電しました。

佐賀地域の唐津では、日本軍のメンバーが家を飲み込んだ致命的な地すべりによって残された土壌や瓦礫を掘っていた。

予報官が警告していた豪雨は、この地域で「経験した最も激しい雨」の危険性があり、何十万人もの人々に避難通知を促した。

日本は現在、毎年の雨季にあり、しばしば豪雨をもたらし、時には洪水や地滑り、死傷者を引き起こします。

科学者たちは、より暖かい大気がより多くの水を保持するため、気候変動が日本や他の場所で大雨のリスクを強めていると言います。

救助隊員は、南西日本の洪水や地滑りに巻き込まれた家族を救出するのを助けました © STR / JIJI Press/AFP
救助隊員は、南西日本の洪水や地滑りに巻き込まれた家族を救出するのを助けました © STR / JIJI Press/AFP

気象庁は、日曜日の夜に大雨が到来する前に、この地域ではすでに1週間以上雨が降っていたと述べた。

そして、火曜日に多くの地域で太陽が輝いていた間、当局は予報でより多くの雨を警告しており、すでに濡れた地面を緩める可能性があります。

2021年、雨が中心のリゾート地であるアタミで壊滅的な地滑りを引き起こし、27人が死亡した。

そして2018年、雨季に西日本では洪水と地滑りで200人以上が死亡した。

© 2023 AFP

https://www.rfi.fr/en/international-news/20230711-six-feared-dead-in-torrential-japan-rain

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks