台湾は中国の戦闘機の空域への新たな侵入を非難する

台湾によると、中国は昨日5月30日月曜日、島の防衛航空地帯に今年2番目に大きな侵入を行い、20人の戦闘機を含む30機の航空機がこの地域に侵入した。

台湾国防大臣は月曜日の夜、自分の飛行機を離陸し、中国の活動を監視するために防空ミサイルシステムを配備したと発表した。

 

台北によると、これらの侵略は、39機の航空機が島の防空識別ゾーン(「アディズ」)に入った1月23日以来最大です。
北京は近年、中国侵攻の絶え間ない脅威にさらされている台湾の防衛地帯への侵攻キャンペーンを開始している。AFPのデータベースによると、昨年、台湾は969件の中国軍用航空侵攻の記録を記録し、2020年の380回の侵攻の2倍以上を記録した。

ジョー・バイデンが最前線にいる

米国は先週、北京が台湾に対する緊張を高めたと非難し、アントニー・ブリンケン米国務長官は航空侵入について明示的に言及し、彼によると、「叙情的でますます挑発的な活動」の例です。

数日前、日本を訪問したジョー・バイデン米大統領は、中国への攻撃が発生した場合にワシントンが台湾を軍事的に擁護する準備ができていることを保証した。「私たちは単一の中国の政策に同意し、署名した(…)が、(台湾)を強制的に取ることができるという考えは単に適切ではない」とジョー・バイデンは5月23日に東京で警告した。しかし、ホワイトハウスはその後、介入するかどうかに関する「戦略的曖昧さ」の方針は変わっていないと主張した。

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466