アイルランドは10月7日(木)、法人税率の引き上げに合意しました。AFP - paul faith

OECD、136カ国が多国籍企業への15%課税に合意と発表

10月8日(金)、経済協力開発機構(OECD)は、アイルランド、エストニア、ハンガリーが参加したことにより、136カ国が多国籍企業に最低15%の税金を課すことに合意したと発表しました。

米国の財務長官やフランスの経済大臣は「達成」と言い、欧州委員会の委員長は「前進」と言った。一方、OECDは、2023年から多国籍企業に15%の最低税率を適用する国際的な税制の大改革に136カ国が賛成し、「歴史的な」合意に達したと評価しています。

世界のGDPの90%を占めるこれらの国々は、最低税率の導入により、約1,500億ユーロの追加収入を得ることができると、OECDは発表しました。140カ国が参加した交渉に参加していたケニア、ナイジェリア、スリランカは署名国に含まれていません。パキスタンは以前の署名国リストに含まれていましたが、金曜日のリストには含まれていません。

7月には、国際的な税制の大枠が合意されました。今回は、技術的なパラメータの定義が問題となりましたが、これは、国の税制戦略が大きく異なる国同士の厳しい交渉の対象となりました。

決定的なラリー

木曜日には、これまで署名に消極的だったアイルランドとエストニアが結集し、15%というキーロックが破られました。アップル、フェイスブック、グーグルの欧州本社があるダブリンにとって、売上高7億5,000万ユーロ以上のグループに対する最低税率が15%を超えないという保証は、決定的なものでした。7月の契約では「少なくとも」15%としており、増額の可能性が残されています。

金曜日には、欧州連合(EU)加盟国の中で最後まで踏み込まなかったハンガリーも、譲歩を得て協定に参加しました。法人税率9%を提案しているブダペストは、税制面での魅力に賭けている国のひとつであり、現在も議論されている重要なポイントのひとつ、多国籍企業の課税ベースを算出する際に認められる控除について交渉しています。

OECDでの交渉のもう一つの大きなポイントは、多国籍企業が事業や顧客を持っていても、本社がない国に再分配される税収の割合についてでした。毎年200億円の売上があり、高い収益性があります。ここで課税される利益の割合は、巧妙な計算により、利益率10%以上の25%に設定されています。

批評

今回の合意は、多くのリーダーたちにとって歴史的なものとなっていますが、新たな世界的な脱税スキャンダルである「パンドラ文書」は、この分野で多くのことがなされなければならないことを証明しています。また、NGOや一部の経済学者からは、その野心のなさと、それがもたらす不平等について批判されています。NGOのオックスファムによると、税率が15%の場合、追加で発生する税収の3分の2は、豊かなG7諸国とEUに利益をもたらすという。最貧国では3%にも満たない。

ノーベル賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ氏は、「特定の抜け穴の除去」を可能にする「大きな前進」を歓迎する一方で、「途上国や新興国の懸念に十分に対応していない」合意を残念に思いました。経済学者は25%の最低税率を提唱した。

2023年までに改革を実施することを目標としており、その間に法整備を進めます。しかし、アメリカの政権がこの改革を議会に押し付けることができるかどうかなど、いくつかの疑問が残っています。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!