ドイツ:2021年10月9日(土)、ベルリン近郊にあるテスラ社の新工場の落成式に集まった野次馬。ドイツ当局から建築許可が下りていないにもかかわらず、工場がオープンすることになりました。Reuters - Annegret Hilse

ドイツ:イーロン・マスク、ベルリン近郊にTesla社の欧州初の拠点を開設

土曜日には、数千人の人々が、ベルリン近郊にあるテスラのメガファクトリーのツアーに参加しています。米国の電気自動車メーカーは、土曜日にオープンハウスを開催しており、同社のボスであるイーロン・マスク氏は、午後に来場者に直接挨拶する予定です。約27,000人の方に見学の案内が届いていますが、まだ計画の許可は下りていません。

10月9日(土)、幸運な人は完成間近の工場を見学することができます。ベルリンから30kmほど離れたブランデンブルク州のグリュンハイデに、300ヘクタールという広大な敷地があります。テスラは、年間最大50万台の電気自動車を製造し、12,000人の従業員を雇用することができます。また、この地に世界最大の電気自動車用バッテリー工場を建設する予定です。

ただし、この土曜日に27,000人の来場者が例外的に訪れることができるこのサイトは、まだ建築許可が下りていません…。テルサ社は、2年前に例外的な手続きを経て作業を開始し、現在も最終承認を待っている。工場は大きな水位の近くに位置しており、電池生産に必要な水が問題となっています。また、90ヘクタールの森林を伐採しなければならず、地元の生物に悪影響を与えています。

しかし、イーロン・マスクはそれで落胆することはない。テスラの社長は日頃からドイツの官僚主義を批判していますが、年内には生産を開始できると期待しています。アメリカの会社がヨーロッパで最初に設立する拠点であるこのオープンデーは、彼にとって象徴的なものであり、人気のある成功を約束するものです。非常に高い需要に直面して、テスラは何千人もの人々の入場を拒否しなければならなかった。

素晴らしかったです。ロボットや生産ラインの一部を見ました。この工場には新しい従業員が集まり、インフラも整備される…。テスラがここに進出するのはとても良いことだと思います…。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!