サッカー:日本でも “PSGマニア “が大流行

東京(AFP)-ロックスターにふさわしい歓迎ぶりだ。パリ・チームの13,000人の日本のファンは、東京の中心で行われた一般公開のトレーニングで、ヒーローを応援し、ムバッペ、メッシ、ネイマールらと間近で触れ合いました。

10日間のツアーで日本の首都に到着した翌日、600万人以上のフォロワーを持つパリジャンの人気を再び証明することになった。

日曜日の羽田空港ですでに100人ほどのファンに付き添われていた25人のメンバーは、現地時間の午後7時に秩父宮ラグビー場のフィールドに登場し、アイドルのプレーを見ようとする観客の前に立った。

クリストフ・ガルティエを中心とする新しい技術スタッフが用意したさまざまなワークショップに参加するには、2,000円から4,500円(約18〜30ユーロ)の費用が必要でした。しかし、テレビで見慣れた選手を見るだけで、満足するような特権階級の人たちは、それだけでは満足しない。また、”Space “は、”Space “を “Space “に置き換えたもので、”Space “は、”Space “に置き換えたものです。

“早く始まらないかな “と思っています。子供と一緒に来た大浦和也さん(36歳)は「息子がサッカーをしていて、ずっとサポーターをしているので、早く始まらないかなと思っています」と話していた。

このような熱心な観客に加え、クラブのさまざまなパートナーからのゲストもおり、その多くはフランス人であった。

規律違反

拍手喝采の中、日本でも人気の高いリオネル・メッシとネイマールが大差で勝利し、ほとんどのシャツが彼らの名前入りでした。出演者の入場前に、スピーカーから日本語と英語で「Are you ready!(準備はいいですか)」の掛け声で会場の雰囲気を盛り上げる。

メールマガジン購読

1時間半にわたるセッションでは、戦術的なセットアップや6対6のマッチアップが行われ、ゴールが決まるたびに観客は熱狂した。

唯一、日本の規律と少し違っていたのは、選手が退場するときに、子供を含む数人の観客がピッチに入ったが、警備員に制止されたことだ。

パリのスターたちの一日は、とても早く始まっていた。現地時間午前10時、湿度の高さが際立つ炎天下の中、キリアン・ムバッペ、リオネル・メッシ、ネイマール、マルキーニョス、セルヒオ・ラモスは、秩父宮ラグビー場の芝生の上で、43人の少年少女と小さなゲームに参加しました。

選手との短い写真撮影の後、6歳から10歳まで、ほとんどの子どもたちがとても上手で、元気よく「Ici c’est Paris」を歌いながら、目に星をつけて帰っていきました。PSGは明らかに日本でのホームグラウンドです。

2022年 AFP

https://www.rfi.fr/fr/sport/20220718-foot-la-psg-mania-bat-son-plein-au-japon

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks