地球温暖化の影響を受ける “アジアの給水塔 “チベット高原

チベット高原には、アジアの大河の源流がある。気候の温暖化に伴い、「水の塔」であるアジアの資源が減少し、水不足のリスクが高まっていることが、学術誌『Nature』に掲載された最新の研究で明らかになった。

海抜4,000メートルに位置し、世界の屋根があるエベレストは海抜8,849メートルで最高潮に達するチベット高原は、多くのアジア諸国にとって重要な水資源です。250万平方キロメートルに広がり、46,000以上の氷河で構成されるこの地域は、北極と南極に次いで世界で3番目に大きな氷の濃度の本拠地であるため、「第3極」とも呼ばれています。

北極や南極と同様に、チベット高原は地球温暖化によって危険な影響を受けるため、気候のホットスポットと考えられています。中国と米国の研究者チームは、Nature誌に掲載された研究で警鐘を鳴らし、高原の水資源の減少について警告している。

「過去20年間、高原の最南端の氷河が一目で溶けてきた」と、北京の清華大学の研究と研究者の共著者であるディ・ロン教授は説明する。ますます暑く湿気の多い気候で、「チベット高原は2002年以来、年間100億トン以上の水を失っている」。今後10年間で炭素排出量が大幅に減少しなければ、研究者は世紀末までにこの地域で約2°Cの温度上昇を予測しているため、氷の融解は続くと予想されます。

「すでに現実的な氷河湖の生のオーバーフローは、氷河の下流のコミュニティの安全を脅かすだろう」というリスクは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新報告書も警告している。2100年までに、専門家グループは、大きな氷河流域の3分の1からの流出が10%以上減少し、この水源に依存する人口に深刻な影響を及ぼすと推定している。

地元住民に対する脅威

チベット高原には、メコン川、ブラマプトラ川、インダス川、長江、黄河などの主要なアジアの河川の源流があり、その水域はパキスタン、インド、中国、ネパール、ブータンを含むいくつかの国に流れています。

炭素排出量が現在のレベルに残っているシナリオでは、研究者らは2つの河川流域が特に資源の減少、アモウダリアとインダスに関係していると結論付けました。「どちらも中央アジア諸国の主要な給水塔であり、一方はパキスタンとインド、他方ではパキスタンとインドです。これらの地域では、干ばつと水資源の減少は、川の下流の人口に直接的な影響を及ぼすだろう。リスクは、これらの人々のために十分な水がないことです」とディ・ロングは警告します。

メールマガジン購読

この油圧エンジニアにとって、Amou-Dariaは現在の水需要の119%を満たすことができなくなり、人口の水不足になる可能性があります。インダス川に関しては、現在の需要需要の79%を満たすことができなくなり、水不足は20億人に影響を与える可能性があります。

チベット高原には、メコン川、ブラマプトラ川、インダス川、長江などの主要な河川の源泉があり、約20億人のニーズをカバーしています。© FMMグラフィックスタジオ
チベット高原には、メコン川、ブラマプトラ川、インダス川、長江などの主要な河川の源泉があり、約20億人のニーズをカバーしています。© FMMグラフィックスタジオ

他の水資源を活用する

潜在的な水危機に直面して、解決策は何ですか?この研究の共著者の一人であり、ペンシルベニア大学の科学、持続可能な開発、メディア学科のディレクターであるマイケル・マンにとって、BBCのインタビューを受けたチベット高原周辺の国々は、降雨量の減少を特徴とする干ばつ期間が増える危険にさらされています。彼にとって、炭素排出量を削減することが不可欠です。そうでなければ、後戻りはできません。

この研究では、さまざまな政府が地域レベルと世界レベルの両方で他の種類の給水に総称して依存することを推奨しています。ウォーターテーブルは、不足の可能性を予測するための解決策の1つとして表示されます。「もう1つの選択肢は、他の地域の水資源をチベット高原の地球温暖化の影響を受けた地域に移すことですが、これらは高価な解決策です」とマイケル・マンは言います。そして、水資源に関連するこれらの問題に直面して、アジアの河川の周りには政治的問題があります。例えば、メコン川での中国の欲望は、すでにこの地域の地政学的懸念と緊張の対象となっている。

地球温暖化がチベット高原に及ぼす影響の背後にある、水に関する問題全体が再びテーブルの上にあります。3月22日の最後の世界水の日に、国連人権、飲料水、衛生に関する特別報告者であるペドロ・アロホ・アグドは、気候変動に起因する最大の社会的リスクが水の周りに発生したと推定しました。「気候変動の増加に注目して、適応戦略の鍵は、最も多くの機能を回復し、保存することによって水循環の回復力を強化することです。堤防、川のベッド、そして何よりも地下帯水層。»

すべての人のための水へのアクセスを確保する

2010年、国連は「飲料水と衛生の権利は基本的な権利であり、人生の完全な楽しみとすべての人権の行使に不可欠である」と認識した。水は共通の利益として考慮され、管理されなければならない。

地下水と並行して、世界規模で、他の解決策は、気候変動が固まる異常な干ばつに対処するための地下帯水層、戦略的埋蔵量です。それらを保存することは、自然の近くに住む人々の飲料水や衛生へのアクセスを保護するでしょう。

2019年、7億8500万人が基本的な飲料水供給サービスさえ受けておらず、そのうち1億4400万人が地表水を使用する必要があります。ユニセフと世界保健機関によると、3人に1人が安全な水にアクセスできないという。

今日、約22億人が水にアクセスできず、世界中で36億人が少なくとも年に1ヶ月は水が潜在的に不足している地域に住んでいます。地球温暖化への真の適応が実施されるまで増加し続ける数字。

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20220818-le-plateau-tibétain-le-château-d-eau-de-l-asie-menacé-par-le-réchauffement-climatique

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks