トヨタ自動車、サイバー攻撃を受けて国内14工場を閉鎖

トヨタは、2月28日(月)、サイバー攻撃により現地サプライヤーのシステム障害が発生したため、日本国内の14工場での生産停止を余儀なくされました。

東京の特派員、フレデリック・チャールズと。

トヨタは水曜日から仮のコンピューターシステムを使って日本での生産を再開します。しかし、この問題が完全に解決するまでには、さらに1〜2週間かかるという。月曜日だけで、13,000台の車の生産にサイバー攻撃の影響がありました。

サイバー攻撃は、月曜日にサプライヤーの1つであるコジマ工業がファイルサーバーの1つにエラーがあることに気づいたときに発見されました。プラスチック部品メーカーが、サーバーがウイルスに感染していることを再起動後に確認した。脅威を含む英語のメッセージを見つけたと主張している。

ロシアの反撃?

小島は、誰が、何のために攻撃したのか、詳細は明らかにしていない。彼はすぐにクライアントと外部サーバーのネットワークを切断し、警察に通報した。この事件は、日本の産業界の弱点の一つを露呈した。これらの大企業はサイバーセキュリティ対策を施しているが、下請け企業はそうでもない。

この事件は、ウクライナに侵攻したロシアに対して欧州連合と米国が採択した制裁措置に日本が参加することを決定した後のことである。岸田文雄首相は、この2つの出来事が関連しているかどうか調査することを発表した。これに先立ち、ロシアのガルージン駐日大使は、日本の制裁に報復措置で対応することをほのめかしていた。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220301-toyota-ferme-ses-14-usines-au-japon-après-une-cyberattaque

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks