日本のトヨタ、2021年までに世界自動車販売台数で1位へ

すべてのブランドを合わせても、日本のメーカーはドイツのフォルクスワーゲンや仏系のルノー・日産・三菱を抑えて、世界一の販売台数を維持しています。これは、特に半導体のグローバルサプライチェーンが大きく混乱しているにもかかわらず、です。

自動車産業が相変わらず暗い状況にある中、トヨタは何とか持ちこたえています。販売台数は1,050万台で、4.5%減少したフォルクスワーゲンを上回った。

チップの危機

チップの危機に加え、コロナウイルスの新型の到来に対する不安もあり、売上に悪影響を及ぼしました。しかし、トヨタは長年にわたってサプライヤーを重視してきたため、ドイツのライバル企業よりも半導体不足に対応することができたのです。 Covid-19、部品供給ともに先行き不透明な状況が続いており、「混乱を最小限に抑えるために可能な限りの努力を続けていく」と同社は声明で述べています。

よりバランスのとれた地理的位置づけ

また、トヨタは、日本のグループよりも欧州市場への依存度が高いフォルクスワーゲンよりも、地理的にバランスの取れたポジショニングをとっていることも有利に働いています。

また、日本のメーカーは、アメリカのゼネラルモーターズを抑えて、アメリカでの販売台数ナンバーワンになりました。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220128-le-japonais-toyota-numéro-un-mondial-des-ventes-de-voitures-en-2021

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks