日本におけるCovid-19:ワクチン接種が遅れ、子どもたちの感染者が爆発的に増加

日本では、流行の第6波に直面し、親に汚染された子どもたちが増え続けています。特に、増量接種のキャンペーンが遅々として進まなかったことが原因です。

東京の特派員、ブルーノ・デュバルと。

日本では、数百の保育園、託児所、デイケアセンターが閉鎖を余儀なくされています。そして、東京では、1月初めの1000倍の子どもたちが感染しているそうです。そこで政府は、5歳から11歳の子どもを対象としたワクチン接種キャンペーンの開始を加速させることにしました。

しかし、「オミクロンは子どもにはあまり危険ではないようですが、それでも2人の息子にはワクチンを打ちます」と、その判断は東京の人たちの間でも分かれている。例えば、祖父母のような弱い立場の人に感染させないためであれば」と、ある母親は言う。

“混乱 “しています。私は2回の服用後、それぞれ高熱が出ました。自分の子どもがそんな副作用に見舞われたらと思うと心配だ」という声もある。私のような高齢者の10人中9人がまだ3回目の接種を受けていないのに、子どもたちにワクチンを接種するのは…」と。そんなバカな」と、ある男性は言った。

不足分の管理は批判される

現在までのところ、3回目の接種を受けた日本人はわずか2%です。ワクチン接種運動は停滞し、感染者数は急増し、国内ではスクリーニング検査が不足する事態に陥っています。

ますます多くの人々が、当局の疫病対策に不服を持っている。また、10人中7人が不安を感じています。オミクロンに感染すると治療が受けられなくなることを恐れているのだ。専門家によれば、第六波はまだピークに達していないにもかかわらず、多くの病院が飽和状態に近づいているのです。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220127-covid-19-au-japon-la-vaccination-traîne-les-cas-explosent-chez-les-enfants

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks