オミクロン・バリアント: 脅威に扉を閉ざすアジア

オミクロンがコヴィド-19ワクチンに与える影響は?香港で新種のウイルスを分離できたチームは、12月1日(水)に、この変異ウイルスがワクチンの効果を低下させる可能性があると推定しました。今回の発表は、この地域での国境の再締結を背景としています。

北京特派員、ステファン・ラガルドとともに

オミクロンの50個の変異のうち、32個は、病気に対する免疫力を高めるためのワクチンの標的となる主要なタンパク質です。香港大学(HKU)の研究者たちは、コヴィド-19に対するワクチンの効果はそれゆえに低下するはずだと考えていますが、この防御力の低下がどの程度のものであるかはまだ言えません。

To Kwai-Wang博士のチームは、アジアで初めてこの変種を分離しました。変異体の感染力を推定するには、さらなるテストが必要です。しかし、すでに政府は率先して行動しています。香港では、日本、ポルトガル、スウェーデンなど、新型インフルエンザの感染が報告されている9カ国からの渡航者に対して、入国条件を厳しくすることを発表しました。

11月30日(火)の新規入国禁止に続き、日本は、南アフリカやアフリカの十数カ国から到着した場合、居住する外国人の帰国も拒否するとしています。

ワクチン接種の有無にかかわらず、強制的に隔離する

隣国の韓国も、国境線の強化を検討しています。もし国内でオミクロンの感染者が増えれば、予防策の「大きな調整」が必要になると、ソウルの大統領官邸の通信担当者が水曜日に語った。今後2週間以内に韓国に到着するすべての旅行者は、ワクチン接種の有無にかかわらず、10日間の強制検疫を受ける必要があります。今回の措置は、国内でオミクロンの感染者が5名確認されたことを受けて発表されました。

中華人民共和国では、パンデミックが始まって以来、国境は閉鎖されないまでも厳重にフィルターされています。保健当局の報告によると、内モンゴル自治区を中心に、火曜日の1日に新たに91人の感染者が発生し、月初め以来の高い数値となりました。疫学者たちは、「ゼロ・コビット」戦略のみが新たなアウトブレイクの発生を遅らせることができるという確信を強めている。

タイについては、バンコクが水曜日に旅行者のための条件の調整を発表しました。現在、8カ国の外国人旅客がタイに入国することは禁じられている。