世界の失業中の若者の数は、コロナウイルスのパンデミック以前よりも高いままです

国際青少年デーの機会に、国際労働機関は世界の若者の雇用に関する報告書を発行しています。文書によると、失業中の若者の数は2022年に減少すると予想されているが、コロナウイルス以前のパンデミックレベルを上回っており、依然として国間だけでなく、若い男性と女性の間でも大きなギャップがある。

15歳から24歳の若者の失業率の低下は遅い。Covid-19のパンデミックは、他のどの年齢層よりも若者に害を及ぼした。2022年、世界中の若手求職者の数は2021年と比較して200万人減少し、7300万人になると予想されている。パンデミック前の2019年より600万人高い数字。

当然のことながら、若い女性は仕事を見つけるのがより難しいと感じている、と報告書は2022年には若い男性の40%と比較して27%しか雇われないと予測している。このジェンダーギャップは一定であり、中低所得国ではより大きくなっています。

全体として、高所得国では、青少年労働市場の回復が最もダイナミックです。失業率は今年の健康危機以前の失業率に戻ると予想されている。

アジアとヨーロッパの若者の失業率が世界平均を1.5ポイント上回ると予想される場合、アラブ諸国では失業中の若者の数が最も多いでしょう。ラテンアメリカでは、若者の失業率も心配しています。今年は20.5%に達すると予想されています。アフリカに関しては、この報告書は、若者の失業率は13%近くが現実を反映していないと推定している。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220812-le-nombre-de-jeunes-chômeurs-dans-le-monde-reste-plus-élevé-qu-avant-la-pandémie-de-covid

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks