女子ハンドボール界の不屈のカメルーン人獅子、カリチマ・エコー

カメルーンでハンドボールのアフリカ副王者となった23歳の野心的なバックは、フランスのフルーリーに採用されたばかりだが、複雑な女子ワールドカップを経験し、期待に応えられずにいる。高い目標を掲げ、まっすぐに語るプレーヤーの肖像。

スペインの特派員から

“恥ずかしい “の一言に尽きます。カメルーンが女子ハンドボール世界選手権で好成績を残そうとしているスペイン・バレンシア近郊のリリアでの滞在を、いつものようにカリチマ・エコーはポケットに舌を入れてまとめようとはしない。

予選ラウンドの最初の2試合でロシア(40-18)に振り回され、セルビア(43-18)に潰されたアフリカの準優勝チームは、オルレアン地方にあるフルーリーロワレハンドボールのバックラインがチームを維持しようとしている世界選手権で苦戦しています(2試合で11失点)。しかし、戦術的なビジョンが欠けていたため、スコアのギャップはかなり予測できた。

ゲームの戦略やビデオは、CAN期間中に一緒に仕事をしたブラジルのスペシャリストたちの領域であるはずでした。しかし、彼らは再任されなかった。今日、私たちはその代償を払っています。

また、カリチマ・エコーは、ヤウンデのグループリーグに参加せずに自力で参加することを希望していたが、今回のワールドカップの全体的な準備について、スポーツ界の関係者を批判した。「カメルーンの連盟は、CANでの銀メダルに対して、アフリカ連盟から15,000ユーロを受け取りました。このお金はどのように運用されたのでしょうか?フランスやスペインで気候に合わせたトレーニングをする代わりに、彼女たちはアフリカに1ヶ月半滞在し、ハンドボールを15日間しかせず、コンクリートのコートで男子と1試合しかしませんでした。

ナントからフルーリーへ

最後に、年末の醍醐味は、ドゥ・セーヴル地方のクラブ、セル・シュル・ベルで1年以上もエリートの控え室で過ごした後、11月初めにブータガス・エナジーリーグ(フランスD1選手権)に戻ってきたことだ。Karichma Ekohはそこで輝いていたが、自分がそこに属しているとは必ずしも思えなかった。

もし、フルーリーがシーズン初めから最悪の状態(9試合未勝利で最下位)で、長期欠場者に悩まされていたとしたら、彼女と彼女のバックでの万能性に医療上のジョーカーとしての役割を見いださなかったとしたら、今シーズンはステラ・サンモールで、2部リーグが彼女の日常生活となっていただろう。この機会を逃す手はありません。

私は他人のために多くのことをしてきましたが、自分にとって何が正しいのかを考え、トップリーグのクラブに入り、長期的にチャンピオンズリーグでプレーしたいと思ったのです」と説明しています。もしもD2に留まっていたら、立ち直るのは困難だったでしょう。Stella Saint-Maurはいつも人間的に親切で、私の目的と一致しています。

フルーリーにスカウトされたことは、全くの驚きではありません。クラブと選手は、彼女がトレーニングセンターで見習いをしていた頃から、定期的に連絡を取り合っていました。2018年2月にNAHB、現在の「ネプチューンズ」でプロになるまで、彼女がトレーニングを行うのは、ついにナントの一つです。しかし、信頼の契約は5年間で開始されたものの、2019年11月に怪我でコートから離れ、デンマーク人コーチのアラン・ハイネ氏の計画からも外れてしまった。彼女はブザンソンで立ち直ろうとしたが、健康上の問題で女子クラブの経済が弱体化したため、ドゥーブでの滞在に終止符が打たれた。

非の打ち所のないプロジェクトでした」と語る。非の打ち所のないプロジェクトでした」と語る。私は、時々見られるような気性の荒い女の子ではなく、努力家であることを示すことができました。残念ながら、コロナウイルスの影響でシーズンが短くなってしまいました。延長契約を結んだ日に、彼らは私を引き留めないことを決定しました。

2021年にはフランスD2チャンピオンの称号とシーズン最優秀選手の資格を得て、ようやく軌道に乗ることができました。

カメルーン「気まぐれに」

カリチマ・エコーの代表チームでのキャリアも、もっとストレートなものだったかもしれない。最初にフランスのユースチームで、彼女は良い足取りでスタートしました:2017年にU19のヨーロッパチャンピオン、その後、カテゴリの2018年ワールドカップで7位、彼女は今日のメリーヌ・ノカンディ、またはオルラーヌ・アハンダのように、ブルースで自分をよく見ています。

このセレクションは、私にとって最高の経験のひとつです。彼らのおかげで、自分のゲームを安定させ、試合中の強い時と弱い時を管理し、どんな状況でも謙虚になることができました。

しかし、最近はシニアチームの招集に名前が載らなくなっていた。謎はやがて不満につながり、ゲームを変えることになる。”自信 “と “自尊心 “を失いました。我慢することを知らなかったこと、カメルーン代表に入ることを思いつきで決めてしまったことは認めます。27、28歳の若さでフランスのチームに行くことは考えられませんでした。

カメルーン連盟は、カリチマ・エコーがAulnay-sous-Bois(ナショナル1、3部リーグ)で成熟していた16歳の時にアプローチしていました。やっとのことでイエスと言ったとき、彼女はアフリカネイションズカップが、特にコビット時代において、どれほど特別な経験になるかを知らなかった。「正直言って、組織的には今まで行った中で最悪の大会です」と彼女は率直に言う。大会中に体調を崩してしまい、それがトラウマになってしまいました。

2022年12月にセネガルで開催される予定の次回大会には、もう挑戦しないのでしょうか?いずれにしても、彼女が優先する野心はもっと個人的なものであり、ワールドカップでの彼女のパフォーマンスが各クラブの好奇心を刺激し、いつか彼女の夢を叶えてくれるであろう、ヨーロッパで5回優勝したハンガリーのクラブ、ギョールとその銀河系のスターたちのもとへ行くことを隠してはいない。「でも、まずはドイツリーグの厳しさやライフスタイルなどの文化を知りたいですね」とカリチマ・エコーは言う。

もしも運命がそのような道を歩むことを許さなかったとしても、彼女はカメルーンの家族の村から天然のニスを輸入するという、芽生えつつあるパラレルキャリアを繁栄させることができる。彼女の人生と起源を結びつけるもう一つの方法。

https://www.rfi.fr/fr/sports/20211206-karichma-ekoh-l-indomptable-lionne-camerounaise-du-handball-féminin