ツール・ド・フランス女子:サンドラ・レヴェネス選手、最年長と最年少を同時に達成

サンドラ・レヴェネスは、2022年ツール・ド・フランス・フェムスの最年長選手です。43歳のこの元デュアスロン世界チャンピオンは、アマウリスポーツオーガニゼーション(ASO)が主催するこの第1回大会を十分に楽しむために、年齢が問題でないことを証明したいと思います。

ツール・ド・フランス女性特派員より。

夢に生きる年齢があるのか?女子ツール・ド・フランスの大御所、サンドラ・レベネズにとってはそうでないことは明らかだ。デュアスロンの元世界チャンピオン(ランニングとサイクリング、編集部注)は、「この瞬間、この場にいる特権を最大限に生かしたい」と語る。

43歳の彼女は、サイクリングが本当の宗教である地域に生まれ、スポーツに人生を捧げてきた。クロスカントリーを長く練習してきた彼女は、フランスのトライアスロンチームのメンバーでもある。2019年、スペイン・ポンテベドラで開催された世界選手権で、デュアスロン短距離の世界タイトルを2度目で獲得した。

「私の年齢は重要ではなく、私を導いてくれるのはパフォーマンスの追求です」

2020年以降、自転車競技に専念している体育教師。「私たちはハイレベルなスポーツに参加しており、このツール・ド・フランスの女子は私たちにとって認められたものです」と、コフィディスチームのライダーは説明する。情熱的」で「完璧主義」なサンドラ・レヴェネスは、7月31日(日)の最終ステージ、スーパープランシュ・デ・ベル・フィーユでのフィニッシュをマークしています。典型的なクライマー(1m57、44kg)である彼女は、レースで先頭に立ちたいと考えているはずだ。そして、彼女の熱意を鈍らせるのは、年齢ではありません。「年齢なんて関係ない。私を導いてくれるのは、パフォーマンスの追求だ」と、回りくどい言い方をしない。

さらに、スペイン人サイクリスト、アレハンドロ・バルベルデ(42歳)のことを話すと、百科事典のような業績を持つこのライダーは、そんな偉大なチャンピオンと自分を比べようとはせず、うなずくのである。謙虚になる瞬間。また、43歳という年齢が経験のベクトルとして残っており、それを財産としていることも付け加えておきたい。サイクリングを始めたのは比較的遅かったのですが、今はむしろ上昇気流に乗っています」とサンドラ・レヴェネスさんは言う。私は幸運にも、女子自転車競技が拡大している時期に巡り会えたので、それを利用しなければならないと思っています。あとは丁寧に答えるのが文学です(笑)。バイクで自分の年齢を考えたら、いいことはないだろう。体調が悪いと毎回言い訳してしまいますからね~。サイクリングはとにかく晩成型のスポーツなんです。サンドラ・レヴェネスさんは、本当にチャンピオンの素質がありますね。

「彼女は若い人たちに、あきらめてはいけないということを証明している」

そして、彼女のスポーツディレクターは、彼女に反論することはない。彼女は、若い人たちに諦めてはいけないことを証明しているのです」と、ガエル・ル・ベレックは強調する。穏やかな性格で、なによりもとても丈夫です。年齢も問題ない。39歳のオランダ人ライダー、アンネミーク・ファン・フルーテンがジロ・デ・イタリアの女子で優勝しました。35歳、史上最高の女性サイクリストである同胞のマリアンヌ・ボスが、この女子のためのツール・ド・フランスを制するためにここにいる。

メールマガジン購読

だからサンドラ・レヴェネスにはコンプレックスなんてない。ただ楽しんで、夢はもっと強いんだということを証明するんだ。要は、彼女がまだ「競争に勝てる」ということなのだ。ジュニアのように貪欲にキロメートルを飲み込んでいく。

サンドラ・レヴェネスは、ツール・ド・フランスの道中で、リーダーとして活躍する一方、プロフェッショナルカテゴリーでの初勝利を目指し、個人的なカードを切る可能性もある。当然の報いです。

https://www.rfi.fr/fr/sports/20220725-tour-de-france-femmes-sandra-lévénez-doyenne-et-jeune-à-la-fois

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks