ワールドカップ大回転の第2ラウンドを終えた米国のミカエラ・シフリン(オーストリア・ゾルデン、2021年10月23日) Joe Klamar AFP

(Photo)ワールドカップ大回転の第2ラウンドを終えた米国のミカエラ・シフリン(オーストリア・ゾルデン、2021年10月23日) Joe Klamar AFP

1本目で世界チャンピオンのララ・グートベーラミに100分の2秒差をつけられたシフリンは、2本目でトップに立ち、完璧な雪質と明るい日差しの中、100分の14秒差で勝利しました。

3位に入賞したスロバキアのペトラ・ヴロヴァは、100分の1秒30の差でゴールしています。

イタリアのマルタ・バシーノは、昨年のゾルデン大会で優勝しており、スモールグローブのタイトルホルダーとして期待されていましたが、1本目で転倒してしまいました。

コロナウイルスの大流行により、1年間閉鎖された状態でスキーをしていましたが、この初開催のレースでは、レッテンバッハ氷河の下にビールやシュニッツェル、「Sölden」の帽子を買うためのスタンドが再び現れ、通常の状態に戻ったかのような雰囲気を醸し出していました。

サポーターとしてのキルデ

そして何より、約9,000人の観客がいること。マスクをせずに、テストや予防接種などの証明書をゲレンデまでの道路に設置されたCovidチェックポイントで提示した後だ。

北京冬季オリンピック(2月4日~20日)に向けたシーズンの円滑な運営を保証するために、昨シーズン同様、ホワイトサーカスには厳しい規約が課せられていますが、スキーヤーたちはファンクラブに挨拶できる喜びを惜しみませんでした。

ワールドカップの大回転で優勝を喜ぶミカエラ・シフリン(米国)=2021年10月23日、オーストリア・ゾルデン(Johann GRODER APA/AFP)
ワールドカップの大回転で優勝を喜ぶミカエラ・シフリン(米国)=2021年10月23日、オーストリア・ゾルデン(Johann GRODER APA/AFP)

景色は色を取り戻しつつありますが、コース上では大回転の女王は変わっていません。2月のコルチナ世界選手権でスイス人選手が優勝した大回転に続き、シフリンとグートベーラミの間できれいなオープニング・デュエルが繰り広げられました。

フィニッシュエリアでのパートナーであるノルウェーのアレクサンダー・アーモット・キルデの拍手を受けながら、シフリンは個人的な問題を経験した後、第一線に復帰したことを確認しました。

ビッググローブを3回(2017年から2019年まで)受賞している彼女は、父親の残酷な死と、コヴィド-19パンデミックの影響でモチベーションが低下したと想定され、さらに2つの厳しいシーズンを経験したばかりです。

スピード競技への復帰を表明している彼女は、今回も総合優勝を果たし、26歳という若さで70回目の優勝を果たしたことになります。これより多いのは、スウェーデンのインゲマル・ステンマルク(86)と、同胞のリンゼイ・ボン(82)だけです。

Worleyの失望

ゾルデンでの2度目の優勝後、「好調なスタートを切ることは重要で、とても嬉しいです。」

頑張らずにトレーニングと捉えている人もたまにいると思います。しかし、本当に攻めなければならない、今日はいい日だった”

また、ジャイアントとスーパーGで2020年の世界チャンピオンになったララ・グートベーラミは、昨シーズン最後まで総合順位を争っていましたが、2位になったことで、今後の活躍が期待されています。

オーストリア・ゾルデンで行われたワールドカップ大回転の1回戦に出場したスイスのララ・グート・ベフラミ(2021年10月23日) Johann GRODER APA/Archives
オーストリア・ゾルデンで行われたワールドカップ大回転の1回戦に出場したスイスのララ・グート・ベフラミ(2021年10月23日) Johann GRODER APA/Archives

フランス人女性のテッサ・ウォーリーは、1本目の不調(16位)を2本目の高得点(4位)で挽回し、8位でフィニッシュしました。

フランス人女性は、「テッサは2本目でいつものように反応していました(笑)。1本目であまりにも後方に終わってしまったので、何もできずに本当に残念です」と語っています。

マルタ・バシノのカムバックはより困難だった。1本目のゴール前で無理をしたために道を外れてしまいましたが、それでも元気に走っています。「前向きに考えれば、ソルデンはシーズンの初めなので、気持ちを取り戻すための時間があるということです。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/sport/20211023-ski-alpin-shiffrin-lance-sa-saison-avec-une-70e-victoire-en-coupe-du-monde