TikTokとBinanceがCAN2022のスポンサーになる理由

カメルーンで開催される2022年アフリカネイションズカップのスポンサーは、アフリカサッカーの歴史あるスポンサーに加え、テックセクターの新参者が加わり、ますます多様化しています。

歴史的な面では、トタルとオレンジというフランスの大企業があります。5年前にこのイベントに名を連ねたトタル社。「CAN 2021」ではなく、「CAN 2021 TotalEnergies」と表記すべきです。同タイトルの契約は2023年まで。この炭化水素生産会社は、ほぼ1世紀にわたって大陸に進出しており、そこで生産量の3分の1を生産しています。

電話オペレーターの場合は、ちょっと似たようなモデルですね。その存在は古く、アフリカは貴重な利益の源泉となっています。そこで、現在と将来のつながりを維持するために、この2つのスポンサーシップを設定しました。一方、新規参入組のTikTokやBinanceにとっては、未来への賭けと言えるでしょう。

中国のネットワークTikTokとの契約は、今年初めにヤウンデで発表されました

CAFの公式TikTokアカウントは140万人以上の登録者がいます。TikTokはサッカーのメジャーポータルを目指しており、昨年はユーロのスポンサーを務めました。サッカーのハッシュタグは2,730億回再生されています。

オフィシャルパートナーになることで、ビデオネットワークは当日の試合のハイライトを放送し、加入者に演出サービスを提供します。アフリカのサッカーの新しい世界的なショーケースを提供するものです。しかもこれは、今回のCANだけでなく、2022年のCANや、この後モロッコで開催される女子CANのために。TikTokは中国語なので、経済的・地政学的な理由からアフリカに強い影響力を持つ北京にとっては、さらなる影響力のあるツールでもあります。

もう一つの新参者であるBinanceは、サッカーファンにはあまり知られていないが、アフリカではすでに普及している

2017年に香港で立ち上げられた同社は、2018年からウガンダに支店を置き、すでにアフリカに存在する最大の暗号通貨取引所プラットフォームとなっています。その願いは、3億人のCANファンを自社のプラットフォームの顧客とすることだ。アフリカ大陸は仮想通貨の有望地域であり、特に通貨の変動が激しい国では、国から国への移動のために、すでに家庭の日常生活に入り込んでいる。

また、バイナンスにはもう一つ、アフリカの若者の間で流行しているオンラインスポーツベッティングのファンを取り込むという目的もある。仮想通貨で提供されることが多いベット!

メールマガジン購読

このような新しい選手の登場は、アフリカのスポーツに対する関心が高まっている証拠ではないでしょうか?

この2社は、スマートフォンの普及でサーフィンしています。このツールによって、アフリカの人々の間で、彼らのサービスの迅速な普及が保証されるようになったのです。しかし、他の大手外資系企業は、まだアフリカのコンペティションに消極的である。

Observatoire du sport businessのVincent Chaudel氏によると、大会開始以来カメルーンで指摘されているような組織的な失敗は、今でもビッグブランドを敬遠させているとのことです。注意点として、審判のせいで試合が短縮された場合、国歌が見つからない場合、試合開始時に広告画面が表示されない場合などがあります。

アフリカのサッカーは、まだほとんど利用されていない経済的な可能性を持っています。その売上高は欧州の1部リーグに匹敵し、放送はテレビ放映権のオークションよりも物々交換で行われることが多い。Vincent Chaudel氏によると、より厳密で信頼性の高い組織は、新しいスポンサーを惹きつけることができるという。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie/20220118-pourquoi-tiktok-et-binance-parrainent-la-can-2021

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 819
Enable Notifications OK No thanks