インターネットの高額請求で訴訟発生

フランスでは、インターネットの不当な高額請求が訴訟にいたるケースが増えている。これまでの訴訟でもっとも高額だった請求が15万9000ユーロにものぼるもの。「使い放題」の契約には、時間が限定されていたり、ダウンロードするごとに課金される裏話が潜んでいる。

消費者団体は契約の裏側をよく読むよう、国民に呼びかけを行っている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  3. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  4. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  5. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  6. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  7. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る