グーグルの書籍電子化にパリで損害賠償判決

グーグルが進めていた書籍電子化に、パリの裁判所から待ったの声がかかった。

フランスの大手出版グループ、マルティニエール(Martiniere)などが3年前に起こした訴訟で、同社の著作権物が無許可で電子化されているとしてグーグルに1500万ユーロ(約19億5000万円)の損害賠償を求めていた。

パリの裁判所は、無許諾の書籍電子化の差止めと30万ユーロ(約3900万円)の損害賠償支払いを命ずる判決を下した。

グーグルの書籍電子化が違法と判決されるのはこれが世界で初めてのケースとなる。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  3. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial