フランスが伝えた日本のコロナ対策

ヨーロッパでの感染拡大で外出制限のあるなか、日本の町並みは人であふれかえっています。
今まで一度も大規模な外出制限は行われていませんが、ウイルスの伝播の追跡システムにあります。

フランスでは誰かが感染すると、誰と接触したかを調べますが、日本ではここの感染源の起源を突き止めようとします。
目的はスーパースプレッターの割り出しです。この手法はアジアでは広く用いられており、韓国でもクラスターの特定につながりました。
あるナイトクラブでたった一人の男性が54人もの人に感染させたのです。

現在ウイルス感染の大半がスーパースプレッダーによるものであり、その連鎖を追跡することで、原因を摘み取ることが出来るのです。

フランスも日本も同時期に感染が確認されましたが、対処法の違いから異なる結果が出ています。
フランスの人口は6千7百万人、日本の人口は1億2千6百万人ですが、陽性者数はフランスの1/16でフランスは2百万人、日本は12万人です。死者数はフランスは4万5千人に対し1900人と比べものになりません。

この追跡方法で感染拡大を抑えられるのではないかと考えられています。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  2. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  3. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  4. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  5. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  6. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  7. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る