フランスのワクチン接種は高齢者施設の入居者から

ワクチン接種は高齢者介護施設の入所者から始まります。

保険当局は新型コロナウィルスワクチンの優先接種対象発表。体の弱い人や高齢者が最優先で徐々に対象年齢を引き下げます。
5段階に分けて行われるワクチン接種の第一弾は早速今月から高齢者介護施設の入所者とそこで働くスタッフを対象に実施されます。

新型コロナウィルスの犠牲者が最も多く出ているのが高齢者介護施設です。
衛生当局は高齢者介護施設の優先接種対象としました。フランスの新型コロナによる死者の3分の1は高齢者介護施設に入所している高齢者です。

体の弱い高齢者がまとまって生活している場所でもあることからクラスタも発生しやすくなっています。
ワクチン接種は病気だけではなく、孤立化がもたらす悪影響も防いでくれます。

高齢者介護施設や病院で長期療養中の高齢者を受けることになります。
またそれらの施設で働きのスタッフも優先的に摂取を受けられます。
接種の具体的手順はまだ決まっていません。
接種を希望する高齢者並びにスタッフは最も容易な形で接種出来るようになります。
つまり高齢の人たちが接種会場まで行くのではなく、彼らがいる場所で行うようになるでしょう。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  2. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  3. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  5. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  6. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  7. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
ページ上部へ戻る