ワクチン接種は高齢者介護施設の入所者から始まります。

保険当局は新型コロナウィルスワクチンの優先接種対象発表。体の弱い人や高齢者が最優先で徐々に対象年齢を引き下げます。
5段階に分けて行われるワクチン接種の第一弾は早速今月から高齢者介護施設の入所者とそこで働くスタッフを対象に実施されます。

新型コロナウィルスの犠牲者が最も多く出ているのが高齢者介護施設です。
衛生当局は高齢者介護施設の優先接種対象としました。フランスの新型コロナによる死者の3分の1は高齢者介護施設に入所している高齢者です。

体の弱い高齢者がまとまって生活している場所でもあることからクラスタも発生しやすくなっています。
ワクチン接種は病気だけではなく、孤立化がもたらす悪影響も防いでくれます。

高齢者介護施設や病院で長期療養中の高齢者を受けることになります。
またそれらの施設で働きのスタッフも優先的に摂取を受けられます。
接種の具体的手順はまだ決まっていません。
接種を希望する高齢者並びにスタッフは最も容易な形で接種出来るようになります。
つまり高齢の人たちが接種会場まで行くのではなく、彼らがいる場所で行うようになるでしょう。