ヨーロッパ型加圧水型炉、設計に改善要求

第三世代原子炉と呼ばれるヨーロッパ型加圧水型炉(European Pressurized Water
Reactor、EPR)の建設に、フランス、フィンランド、イギリスで構成される原子炉事務当局からストップの声がかかっている。

加圧水型炉は、現在、フランスの原子力大手アレバ(Areva)が建設しており、2012年の稼動スタートを予定している。今回当局からは安全面での懸念が表明され、設計の改善が求められている。

既に工期の大幅な遅れがみられるが、今回の改善要求でさらに遅れが出るのが予想されている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  4. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  5. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  6. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  7. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る