ヨーロッパ型加圧水型炉、設計に改善要求

第三世代原子炉と呼ばれるヨーロッパ型加圧水型炉(European Pressurized Water
Reactor、EPR)の建設に、フランス、フィンランド、イギリスで構成される原子炉事務当局からストップの声がかかっている。

加圧水型炉は、現在、フランスの原子力大手アレバ(Areva)が建設しており、2012年の稼動スタートを予定している。今回当局からは安全面での懸念が表明され、設計の改善が求められている。

既に工期の大幅な遅れがみられるが、今回の改善要求でさらに遅れが出るのが予想されている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  4. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  5. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial