ワクチン接種、集団より個人を優先

フランス本土で、4人目の新型インフルエンザによる死亡者が発生した。70代の男性でガンを患っていたという。

フランスでは、学級閉鎖が相次いでいる。予想より勢いのある感染拡大をうけて、公衆衛生高等評議会からワクチンの接種方法についての勧告が予定されている。勧告の内容は予定されていたワクチンの集団接種を変更し、優先順位の高いグループから個別に接種を進めていくというものだ。

集団接種では時間がかかってしまう。優先順位の高いグループから個別に行えば、効率的に早く接種でき、リスクを最小限に減らせるという考えだ。このグループとは、慢性疾患をもつ子供、妊婦、慢性疾患をもつ大人の順番でグルーピングされている。

また、フランスでは高齢者は季節性インフルエンザとは違い新型には感染しにくい、ともされており、65歳以上は接種が必要かどうか検討していくという。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  2. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  3. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  4. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  5. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  6. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  7. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る